yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 私の病気の事や、 仕事やプライベート、家族や子育ても含めて、 心の中の事をありのまま書いてみようと思います

IDENTITY ❷


昨日は長々と書いちゃって(笑)
読みづらいし長すぎると、パートナーからダメ出し貰いまして!(笑)昨日は感情移入し過ぎたんよねきっと。
なんかね、書いてたら止まらなくなったんよね。



今日も引き続き S ちゃんの事をもう少しだけ書くね。
本当はね、話聞いてる時はお腹抱えて爆笑してるんよ。
面白おかしく書きたいのに、それなのになぜか、めっちゃ感動してる私がいるのよね。
だから私の心の感じるまま、そのまま書こう。



*************************



人ってね、誰かに言われたひと言とか、何かちょっとしたきっかけで、人生がガラッと変わる事ってあるよね?
そういう事が自分の人生に於いて、何回かあるのよ。



彼もアメリカ留学中に、大きく方向転換をするのね。
彼はテネシーの州立大学を卒業してるのだけど、元々はデザインやアートを専攻していなかったのだそう。
私はてっきり、今の会社をお父様から引継ぐ為に、その道に進んだとばかり思ってたんだけどね。



『もうさ、誰が見てもどうみても、めちゃくちゃ下手な絵やねんよ。それをな、これは素晴らしいって、躍動感ある絵やってさ、褒めちぎられてんよ〜 』



彼の転機は、ある日大学の教授にその絵(アート)を褒めちぎられた事(笑)
彼曰く適当にさらっと描いたものだったらしい(爆笑)



私ね【 縁 】とか【 運 】て、そこやなって思うねんよ。
縁のある道ってね、必ずそこに行く様になってるんね。



私ね、いつも思うの。どんなに頑張っても縁のない方へは行けないねん。
逆に縁のある事って、どないしてもそっちに引っ張られるようになってるんやよ。
それは抗ってもしょうがないねんね。



アメリカと日本の大学のシステムってさ、根本的に違うやん? 私はそのシステムはよく分からないけど、彼も卒業するのに必死な訳よね。
この教授とは気が合う。これやったら単位取れる!
みたいな感じやったんじゃないかと思うのね(笑)



『 親父に言うたらさ、お前を画家にする為にアメリカやったん違う!って、怒ってさぁ。』


けどね、後から思えば全て正解やったやんね。
殆どの日本人留学生が挫折して帰国する場面で、彼はこのまま帰れないと必死だったのよね。
たぶん、前しか見てなかったんだと思う。
そんな一人の青年を、神さんは見捨てたりしないのよ。



その渦中にいる時は、その意味がどうしても分からない事が多い。でも必ず気付く。後で振り返った時に、大概の経験が今の自分にプラスになってる事に。
苦い経験も辛い体験も、プラスにしかなってない事に。



彼の【 IDENTITY 】は、アメリカ生活での大なり小なりの事を全部、逃げずにちゃんと乗り越えてきた自信から出来たものなんだろうと思うのです。



*************************



アメリカ合衆国、何でも直ぐに裁判になる国。誰もが普通に銃を持てる国。彼を根本から大きく変えた国。
あちこち車で旅した話や、警察に捕まった事も何度もあるって言うし、面白いエピソードがまだまだたくさんあるんだって。きっと今だから全てが笑い話のネタになるんよね。またいつか、この続きを書きたいと思います。



うちの子は、海外に留学させたいと思ってる。
語学ももちろんだけど、人生観が変わるような体験は、温々とした所では起こり難い。
スケールの大きな子になって欲しいから。
子供達には、ぜひこんな話を聞かせたい。
世界はこんなに広いんだって!



IDENTITY ❶ - yumi-fields