yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 私の病気の事や、 仕事やプライベート、家族や子育ても含めて、 心の中の事をありのまま書いてみようと思います

愛人


もうね、めっちゃ大好きな女性、久しぶりのご予約。
私ね、潔い人とか、女性でも惚れてしまうの(笑)
世間で言うとね、良い悪いとかあるのかも知れない。
でも、私はこの人の生き方が好きで、尊敬すらしてる。



久しぶりの私の顔を見て、第一声…
『 由美ちゃん、好きな人できたやろ? 』
もうね、笑かすでしょ? (爆笑)
blog読んでくれてるのに、すぐにこんなん言うの。



『 うん、由美ちゃん大丈夫。顔見て安心した 』
「ご心配お掛けしました。いつこっちに帰ってこられました?」…久しぶりとは思えない感じの会話での再会。



愛人生活◯◯年。旦那様はどんな人かは知らないけれど、どう考えても素敵な人に違いない…。
どんな男と一緒にいるかで女性は変わる。逆も然り。
この人、私よりも年上だなんて、絶対見えない。
素敵だし、いつも話しが飛び抜けて面白い。
普通の主婦が聞いたら、ドン引きするかもね(爆笑)



『 しょうもない男の正妻するんやったら、出来る男の愛人の方が断然面白い。』


数年前に、平然とこう言い放った時の彼女の凜とした空気感を今でも覚えてる。
なんかのドラマみたいなのを地で行くんだな、この人。
すごい!カッコいい!惚れてまうやろ!(笑)



私ね、凄いなって思うねんよ。
紙切れ一枚とは言わないけど、それすらもない状態で一緒にいる訳やん?
今日にでも別れていい状態で、一緒にいる訳やん?
何か、すごい深いなと思うのよ。



『 あんな、由美ちゃん。奥さんに始めて会った時にね、私、完敗やと思ってんよ。この奥さん凄いって。』


「 えーっ。泥沼劇じゃなかったんですか?」(笑)


『 (笑)うん。涼しい顔してさ( いつもお世話になります。うちのんをよろしくお願いします。)って私に言いはってんよ。』


「 もう、それドラマ通り越して、映画の世界やわ。感動すら覚える。」(笑)


『 私さ、攻撃されるんやと思ったらさ、ちゃうんよ。その時に一切声を荒げずに冷静に話をしたんよね。この奥さんには絶対敵わないと悟ったわ。同じ男を好きになった【 同士 】みたいな感じよ。わかる?』


「 うん、その感じわかる。私もね、もし旦那に彼女が出来たら、そんな感じになると思います。下品な女の子は論外やけど、そうでなく賢い女性やと感じたら、私に無いものがあるんだろうなと思っちゃう。怒るより逆にね、任せるお願いって気持ちになると思います。」


『 うん、由美ちゃんも普通ちゃうもんね(笑)でもね私は自分の人生を日陰やと思った事ないよ。(ごめんなさいね、うちのを差し上げる事は出来ないけど、養育費もきちんとします安心してね、何かあったら私に連絡下さい。)奥さんには心から感謝してる。』



…もうね、色んな夫婦の形、愛情の形があるなと思う。
世間体とか、法的にとか。そんな事のはるか外側に、本当の事っていっぱいあるんよね。
私は、正しいとか正しくないかより、好きか嫌いかが先にくるから。



生きてたら色んな事がある。
自分だけはそんな事ないとか思ってても、そんな事があるのが人生なんだよな(笑)
そして、それを私は幸せだとキラキラの笑顔で貫き通す姿勢は素敵だなと思うのよ。



会えて良かったな。
常に女性が綺麗でいる為の、お手本のような人。
『 由美ちゃんのしたい事、見せてよ。楽しみにしてるからね。』

次に会えるのは、きっと秋だな。



【 過去記事 】
ラブレター - yumi-fields

広告を非表示にする