読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 家族や子育ても含めて心の中の事を書いてみようと思います。

過去世 Ⅰ


『過去世』って、聞いた事ありますか?
『過去生』とか『前世』とかいったりします。


私も何度かリーディングをしてもらった事がありますが、とても面白いですよ。
自分が主人公のSFファンタジー・ノンフィクションのお話を聞くようで楽しいです。


私にも凄い数の過去世があります。
何回も何回も生まれては死にを繰り返し、そしてその時々に、今世のような人生が存在しているのです。
これは自然界と同じなのです。種から芽が出て成長し、やがて花が咲き、そして種ができ枯れて、朽ちて土に還る。そしていつしかまた芽が出て…を繰り返します。
説明が下手ですが、イメージできますか?
それは自然界の法則なのです。
ご興味のある方は『輪廻転生』も、調べてみて下さい。



私の過去世をいくつかあげてみます。
古代ローマ時代の王妃に仕えていた人生がありました。パワーストーンや今でいうアロマ等を使い、王妃の身体や心を整えたりしていたようです。

そして中国人の人生では、薬草の商人だったことも。そして今の主人とは同僚で、大きな商いを一緒にしていたそうです。今でいう商社のようなもの。その時は女性ではなく男性の人生でした。
私は過去世では、ほとんどが女性で男性だった事は少なかったようです。

どこかアジアの国で、女盗賊の頭をしていた事もあったそうで、かなりの悪だったそうです(笑)日本では、江戸時代に生まれた女実業家の人生もありました。


* * * * * *


その中で、今世に一番影響のある過去世というものがあります。それはハワイで暮らし、シャーマンをしていた人生でした。
そして主人は、私を命に変えても守る部下のような存在だったとか。


「あなたは何回も何回も、この人に命を助けられてるよ。今世ではこの人にその時の恩を返さなくてはならない。ずっとあなたを陰になり日向になりして見守ってくれてた存在ですね。そしてきっとあなたは気付いてるでしょう?」


私は何回も死を覚悟する壮絶な人生のようでした。そして最後は私を守り、命を落としたのが主人だったそうです。まるで、三流映画のようですが(笑)


どの過去世にもどうやら主人は出て来ますが、このシャーマンをしていた時の過去世が一番今世と関係しているのだとか。深い結びつきのあるソウルメイトのようです。

なるほど、これで腑に落ちたなと思う瞬間がありました。


そして、この過去世で何回も一緒に居てるソウルメイトが、今友人としてそばにいてますので、少しずつブログに書いていこうと思います。



*過去世(かこぜ)……あるいは過去生(かこせい)、前世(ぜんせ)とも言う。
今回、生まれてくる前に、過去、別の名前、別の地域で生きた人生のこと。

*シャーマン……日本でいうイタコのような人。自然と対話することで、天変地異を動かしたり、霊を降ろす事が出来る人。