読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 仕事の話 、家族や子育ても含めて心の中の事を書いてみようと思います。

夫婦の形 ❶


うちの旦那様は私より7つ上なんですが、とても若く見られます。
私も歳上だと思った事ないわ。生意気でゴメンね(笑)


えっ!ウソ〜旦那さんそんな歳に見えへんわ!由美ちゃん、姉さん女房かと思った!とよく言われます。
横でニコニコしながら勝ち誇った顔をされると
……ほんと殺意を抱きます(笑)



出会って15年。色々ありました。
あり過ぎて何から書こうかという感じですが、山あり谷ありで思い返すと全部笑えます。やっと笑えるようになってきたのです。


彼とは性格も真反対です。面白いくらいに(笑)
結婚てね、これだけは譲れないという事が大丈夫であれば、生活は出来るのだなって思います。


理想なんて数え上げればキリがないです。
こんな人と結婚したいって10個希望があったとして、9個までがクリアしていても、その中でこれだけは譲れないなという部分が1個あると、生活は難しいのです。
他の事は全部良いのに、ここだけがなぁって言うことが積み重なると、いずれすれ違うのです。


私はひとつ上げるとしたら、普通にお箸が持ててお互いが気持ち良く楽しく食事が出来る事、これにつきます。
その上、食べ物の趣味が合えば言うことありません。
一口食べた時に美味しいね!って目が合ったりする。これだけでいいのです。


趣味や嗜好なんて歳と共に変わるものです。でも食べるという行為は一生続くのです。歳を重ねて、食べ物の嗜好は変わっても、向かい合って食事をする事だけは変わらない。だから私にとって食事って、とても重要視する所なのです。


* * * * * *


ところで話を戻しますが、私達は宝飾の会社で出会いました。劇的な出会いでも何でもなく、私が借金返済で必死だった頃です。先日のブログに少し書きましたが、初めて心を許せて自分の話を出来たのが彼でした。


そんなある日、告白されます。
「僕と結婚しよう」
‥‥あのね、まだ付き合ってもいないし。っていうか手も繋いだ事ないしね!それに私、借金あるって言うてるやん?この人アホちゃうか、人の話全く聞いてへんし(笑)です。

「何で付き合うを通り越して結婚なの?」

「うん、もう僕決めてん。君と結婚する」

今思えば、私どうしちゃったのかな?こんなんでよく一緒になったなと思うのですが、彼の『根拠のない自信』は昔から健在だったのです(笑)


常に、まず結論を決めてから物事をスタートさせる。一見逆のように感じますが、今でもそうやって決めてから始めた事は、必ず形になっています。


「僕な、必ず手に入れたいと決めた物を逃した事ないねん。時間かかっても必ず手に入れる」


色んな出会いがあるけれど、これがまたもやジェットコースターのような人生のスタートでした(笑)
この続きは、後ほど。

恋愛感

最近20代の今どき女子と、何人も続けて話す機会がありました。もうね、目が点になるような話ばかりで、かなり新鮮だったんです。


婚活中の26歳。現状を聞いてびっくりです。
合コンで連絡交換をして、初めて食事に行った時の事
「食事の間、ずっとスマホ見てるんです。例えば仕事だったら待つんですけどね、動画見てるんですよ!」
私「てかさ、その場でアウトやんな、私やったら帰るわ」ありえん(笑)……医者の息子らしいです。


その次の人「一品380円のお店でね、2つ選んでって言うんです。それでね、自分も別に頼むんかと思ったら、じゃ、それで!ってオーダーして、俺は水でいいわって。彼が水やのに、私が生中とか頼めます?私も水ですよね必然的に(笑)」
私「セコすぎて笑える!初めてのデートやんね?それもアウト」ありえん(笑)……経営者らしいです。


その次の人「3回目位までは良いかなと思ってたんですけどね、どうしても食べ方とお箸の持ち方が気になって〜やっぱり無理やなって思って」
私「それわかる!きっと正解!私もそこ重視やわ」
「それで断ったんです。そしたらね、後日明細がLINEされてきて。今まで私とのデートで使った明細ですよ!割り勘にしてくれって」
私「ごめん、コメント無いけどいい?」(笑)……公務員らしいです。


もうね、出てくるわ出てくるわです。
この子が特別なのかと思ってたのですが、最近の恋愛事情を見てると、そうでもないのかもなと。
最近のニュースを見ていると、考えられない様な変な事件が多いけど、なるほどあるかもなと。


* * * * * *



男性に奢ってもらうのが当たり前は良くないと思う。財布も出さず、ご馳走様〜って子は昔からいるけどね。
例えば食事をご馳走になったら、次のお茶は私が出すみたいなバランス?が大事やと思うんよねぇ。


私達の若い時ってね、デートする時は車って必須やったんよ。もちろん持ってない子もいたよ。でも男の子は免許取ったら、ボロ車でも何とかバイトして買ってさ。
彼女の誕生日やクリスマスはその為にめっちゃ頑張ったんよ(笑)


もちろん時代が違うのかも知れない。でもね、10代や20代って恋愛が第一で、もうその事しか考えてない位が普通やってんけど、今って違うのね(笑)


て言うかさ、〇〇ちゃん、人を好きになった事ある?
一日中考えてる位、好きになった事ある?
仕事が手につかない位、寝ても覚めても好きな人。
今みたいにスマホがない時代の恋愛ってどうしてたんやろって思うよね(笑)家に電話したら、相手の父親が出たらどうしようとかの気持ちだったり、〇〇ちゃん分からんよね?
会いたくて会いたくて家の近くで帰ってくるまで寒い中待ってたり。今やったら、ストーカーって言われるんやけどね!(笑)


そんな切ない位の胸がキュンキュンするような思いって、これ恋愛の醍醐味やん?!
そんなキュンキュンが〇〇ちゃんの話には全く無いんだけど?


「由美さん、私気付いた。男性の条件ばっかり考えてた。条件から入ってた。最優先はそこじゃないね?私ちょっと考え方変えないと、このままじゃあかんね。」


「そうね。もっと違う方面からの出会いをイメージしてみて。ちょっと出会い方を変えてごらん。それとね、婚活は一旦横に置いて、今目の前にある仕事とか、自分のスキルアップを頑張ってみたら良いよ。必ずそんな〇〇ちゃんを見てる人がいるから。きっと素敵な出会いがあるよ。」



若いっていいなぁ〜と、少しだけお姉さんのつもりで話してたけど。
あれ?!もしかしたらこの世代の子って私とはもう親子やん!
いつの間に!!(笑)

惚れた弱み

先日のお客様。
私より少し年上の、綺麗で品のある女性です。


『由美ちゃん、あれから色々考えたけど、惚れた弱みってホンマやね。しょうがない、諦めるわ(笑)』


私は潔い女性が大好きです。私もそうありたいと思う。ご主人は昔からモテる人らしく、私はお会いした事がないのですが、かなりの男前とか。


『何で男って、若くて可愛いくて綺麗なん好きなんやろ。って考えてたらそら好きやろってなってんよ(笑)
由美ちゃん、言うてたやん?別れる気がないんやったら、私が変われって。あれ、よく分かったわ』


〇〇さん、よくぞ、よくぞ〜(泣)


夫婦の愛情ってね、減っていくんじゃなくて、形がどんどん変わっていくのだと思うのです。

『出逢った当初のときめくような感情から、やがて家族になり子供が産まれて親になる。男と女だけでなく、父親と母親という役割が増えると、ときめきから穏やかな愛しみの愛情に、家族愛に変化していくのだと思うのです』


決して嫌いになったわけじゃないのです。
私はもちろん不倫肯定派ではありません。
ただ、散々そんな思いをしてもう別れようという思いをした時に、思ったんです。
男と女って、生物レベルで違うなと。根本的に違うと。だから話し合った所で分かり合える事ではないのだと。



理解のあるいい女ぶってるのではありませんが、本当にそうなのです。
心というのは、はい今からこの人の事を好きになります。ってスタートするわけではないでしょう?(笑)
気づいた時には、それもう始まってるでしょう?


惚れた弱みなのです。諦めて、静かに待つのです(笑)別れる気がないなら、経済的に自立するのが難しいなら、時を待つのです。恋には賞味期限が必ずあるのですから。


女性だって、育児がある間はなかなかその機会がないだけで、本当はフィフティフィフティなんだと思います。
何でも損得勘定ではないけれど、自分がボロボロになったら勿体無い。
エステでも行って綺麗にして、美味しいもの食べて、楽しく日々を送っていれば、必ずまた帰ってくるのです。

以上、あくまでも私個人の意見です(笑)



『〇〇さん、めっちゃ綺麗です。何か吹っ切れた感じ。オーラの色が変わった。もう大丈夫』



大好きな場所

私はホテルのティールームが大好きです。
1人でもよく行きますし、お客様との待ち合わせでもよく使います。他愛の無い話の時も、商談の時も、ちゃんとそれに合った空気、空間にしてくれるのです。


同じ珈琲でも、200円のコーヒーショップのもあれば、ホテルだとその何倍もします。一杯の珈琲の価格と言うよりも、その環境代が大きいんですよね。


いつも思うのだけれど、価格ってそれだけではわからない付加価値みたいなものがあるんだなぁって。
例えば、私がよく利用するホテルは、お茶だけでも駐車券が出るし、お代わりもサービスしてくれる。
街中のコインパーキングを利用してカフェでお茶をするよりも返って安くつくのです。そしてサービスも良い。
だから、私はその珈琲が高いと思った事がないのです。


もちろん私はコーヒーショップも利用するし、スタバも大好きだけれど、ホテルは気の流れも良いし、一番ホッとできる空間なのです。
私はお茶をする時間はオンとオフのどちらも兼ね備えた場所が好きなので、特に物事を考えたりイメージをリアルに創り上げていく時は、環境って大事だなと思うのです。


* * * * * *


私がホテルをこよなく愛する理由は、きっと幼少の頃からです。


私は3歳のお誕生日にホテルデビューをしました(笑)
亡き母は、ホテルのティールームが大好きで、幼少の頃から母とのお出かけには必ずこのお茶会?がセットでした。ちょっとした大人の世界で、ウェハースの付いたバニラアイスやミックスジュースを飲ませてもらえる事が、子供ながらに楽しみだったのです。


『由美ちゃん、ちゃんとお箸が持てるようになったら、ホテルでコースのお料理を食べに行こうね』


それが、3歳のお誕生日だったのです。
お箸はもちろん、ナイフとフォークの使い方も母から学び、今でもうっすらと記憶にある位、私にとっては特別な出来事でした。きっとその頃から、そんな大人な空間が大好きになったのです。


No music No life

懐かしい言葉ですよね(笑)

【 No music No life】

音楽のない人生なんて。あれ?違ったかな?(笑)
FMから流れてきた言葉に、久しぶりに若い頃の事を思い出してました。
音楽って、人の心をとても豊かにするでしょう。
神様が私達人間にくれた最高の贈り物だと思うのです。


私の学生時代はずっとユーミンと共にあり、社会人になってからはドリカムとミスチルもそこに加わり。分かりやすい music life ですが、同じ年代の人はきっと分かり合えるはず。
それに流行りの曲から、ジャズもクラシックも大好きです。まだ演歌の良さには辿り着けてないけど(笑)


音楽ってね、その時付き合ってた彼氏とか、シチュエーションとか時間の流れとかがフッと一瞬戻るでしょう。季節だったり匂いや肌感まで。懐かしいなぁとその時の心の感じをリアルに思い出すのです。


ミスチルの【 終わりなき旅 】とか、もうね、私がボロボロの時にずっと鬼リピして(笑)聴いてた曲です。
今でも流れて来たら、涙が出る。もう毎日ギリギリで精一杯生きてたあの時を、息が止まりそうな位に思い出すのです。この歌に救われたんだよなぁ。私を助けてくれてありがとうって。


大失恋した時に、ずっと流れてたドリカムの曲とか、今でもあの感情が蘇ったり。
【 何度でも 】とか本当に毎日毎日聴いてた。仕事が大変で心もキツくて、毎日問題山積みで、何しても上手くいかなかった時に、「今日がその10001回目かもしれない」って心の中で号泣しながら(笑)「諦めた時点で終わり。頑張ろ」ってもがいてたよな。


音楽って、私の人生からどうしても切り離せないもので、ずっとこれからもいつも必要なものなのです。


* * * * * *


ビルボードも素敵なアーティストが来る時は楽しみにしてる。お酒を呑みながらのライブは最高なのです。
前回の古内東子はせつなくて懐かしくて『誰より好きなのに』『逢いたいから』とか、もうあかん(笑)名曲やわ。歌詞のストーリーを思い出したら泣けてくる。


今年の夏は、2日間連続でミスチル❤︎桜井さ〜ん(笑)もう今から楽しみで仕方がない。
そしてコンサート会場でいつも思うのです。
こんなに何万人もの人の心を掴めるって凄いって。
会場の一体感とか言葉では言い表せない位のものを感じます。このお腹の中からふつふつと込み上げてくるものって何だろう?


『もしかしたら音楽には、どんな偉い政治家の言葉より、人を惹きつけてひとつにする力がある』


音楽って人と人とを繋ぐでしょう?
言葉が通じなくても、世界中に共通の感動が伝わる、これって凄い。音楽は人の心を動かす力があるんだなと。


* * * * * *


車での移動が多い私には、好きな音楽聴きながら〜の時間が、絶対的に必要な時間なのです。 その日のテンションを上げてくのも、頭の中を整理するのも、音楽がサポートしてくれます。
一日のスタートに聴く曲!今から誰に会うからこの曲!仕事の帰り道はこの曲って、音楽を聴く事で心のバランスを取ってるんです。


同じ曲を聴いてるだけで絶対友達になれるって思う。
選曲でその人が何だか少し分かったりする。
好きな曲が一緒なだけで、気が合うなって思うよね。


心の底から【 No music No life】な私


チャレンジする事

私が子供にいつも言ってる事。

『たくさんチャレンジをしなさい。失敗していい、まずはやってみなさい』

うちの子は少々ビビりで(笑)この引っ込み思案何とかならんかなと、もどかしい思いでした。10歳を過ぎた頃から急に変化が見られて、色んな事をチャレンジする様になってきたのです。


私達自身が、何かにチャレンジする姿、そして成功も失敗も全部見せてるからでしょうか。
「大丈夫!あかんかっても命までは取られんから!」
が、夫婦の合言葉だったりするので(笑)


勉強もスポーツも、恋愛だってたくさん経験し頭を打たないと分からない事だらけなのです。特に、子供のうちに痛い思いをしないと大人になってからでは遅いなと思う事がたくさんあるのです。
かすり傷程度の事はたくさん経験すべきです。だからあなたには、まずはやってみろと言っています。体で覚えないといけない事もあるのです。


* * * * * *


特にスポーツはたくさんの事を学びます。
私は学生時代は超がつく体育会系だったので、上下関係とか一致団結とかもう大好きです(笑)チームワークで何かを成し遂げた時の感動なんてこの上ない喜びで、そんな思いをぜひあなたにも経験してほしいと切に願っています。


ただ、どの世界でもそうだけど、結果だけ、勝つ事だけが目的になり過ぎてはいけないと思っています。それだけを重視していると間違った方向に行く気がしてならないのです。一番大切なのは、その目標に向かって行く過程なのだと思います。


結果が全てだという考え方は私は違うと思います。
ただ逆に、手を繋いで一緒にゴールさせる。という考え方も、私は全く賛成できません(笑)
勝負事は時の運。勝つ時もあれば負ける時もある。
もちろん勝負なので、やるからには勝ちたいです。それを目標に頑張ってきたのだから、親も一緒に頑張ってきたのだから、勝たせてやりたい、それが親心です。


ただ、勝つ事だけが目的になってはいけないのです。
チームメイトと目標に向かって頑張るという中で、色んな経験をし、色んな思いをし、喧嘩もして、一緒に泣いたり笑ったりする事に、大きな学びがあるのです。苦しい練習を乗り越えた仲間はかけがえのない財産です。


『人は失敗から多くを学びます。失敗からしか学べないと考えてもいい。』

だからこそ、たくさんたくさんチャレンジする事なのです。そして、失敗と成功とを子供にちゃんと体感させてやるのです。


胸にチクリとくる痛みをちゃんと経験した子は、真っ直ぐに成長すると思っています。痛い目に合わないように、失敗しないように、傷付かないように、ではなく常にやってみよう!という心を鍛えていくのが私は親の役割だと思っています。


もちろん結果を出した時、成功した時はめちゃくちゃ褒めます!そして失敗した時は、大丈夫また次頑張れば良いと果敢にチャレンジした事を褒め、次に進むための心の立て直し方が大切だと教えるのです。


ピンからキリまで Ⅰ

『屋台のおでんからホテルのフルコースまで』

私が人生こうありたいなぁといつも思っている事です。


借金してて大変な頃、コンビニのお弁当を食べながら「今はこうだけど、必ず毎日好きなもの食べて、こんな生活から必ず抜け出してみせる!値札を見ないで買い物するようになってみせる!」って思ってました(笑)


もう今では笑っちゃうけど、そういう分かりやすいモチベーションがないと、その頃は頑張れなかったんです。
思い出したくもなかった過去が、時間が経つにつれ、笑い話に出来るようになった時に、そんな経験出来た事に、心の底から有難いって思えたし、気づきもたくさんあったのです。


『500円のお弁当も、50,000円のフルコースもどちらも美味しく食べられる人生の方が楽しいな。どちらかじゃなくて、どっちもだな。』


例えば、ここのおでん最高やねん!と美味しい屋台のお店に行ったかと思うと、ここのお肉は最高と紹介がないと入れないようなお店に行ってみたり。みたいな(笑)


昼間はモンペに麦わら帽子をかぶって畑で有機野菜を作って土を耕してたかと思うと、夜は綺麗にドレスアップしてオープンカーでパーティへ。みたいな(笑)


海でも山でも、キャンプとかバーベキューも大好きだけど、めっちゃステキな高級リゾートホテルのバカンスも大好き。みたいな(笑)


とにかく、ピンからキリまでを常に全部楽しめるような人生が楽しいなぁと。
ピンキリと言うより、あらゆるジャンルって言った方がいいのかな。
そしてそれ以上に大切なのは、そんなライフスタイルって楽しくない?!って思える仲間がいるという事。これが一番の財産だな思うのです。


『何を食べるかも大事だけれど、誰と食べるかはもっと大事』


美味しいね!って思う瞬間とか、爆笑するタイミングとか、同じシーンで感動して涙が出てくる感じとか。
価値観が同じじゃないと、とかよく言うけどそんな難しい話じゃないんです。
一緒に居てて、時間を忘れる位楽しい仲間、友達、ソウルメイトです。


泥臭い所から、綺麗で美しい所まで。