読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 家族や子育ても含めて心の中の事を書いてみようと思います。

癌の宣告 Ⅰ


『 今日も充実した良い日だったな。ありがたいな。』

夕方仕事が終わって、運転しながらの帰り道に、色んな事を考えてたら急に涙が止まらなくなった。
あの時の自分が走馬灯のように蘇ってきたのです。


【 一年前の3月、私は癌を宣告されました。】


本当は、ブログを書き始めた時から、いつ書こうかなって思ってた。
でも、いつも文章の途中で詰まってしまい、思うように言葉にならなかったのです。


でも、ブログを書こうと思ったきっかけを考えた時に、私の病気はやはり外せないよなと。


【 過去記事 】言葉を遺すという事 - yumi-fields



去年は本当に試練の年で、母の葬儀の一週間後に癌を宣告されるという、かなり辛い春のスタートだったのです。


その時の日記をそのまま転記します。

3月11日
一昨日クリニックで、すぐに紹介状を書いて頂く。
カルテ等は直接送って頂いてたのか、話が早くかなりスムーズ。
とても元気で明るい先生で、お会いして直ぐに大丈夫だと感じる。
「 びっくりしたでしょう?間違いなく直腸癌やね。直ぐに手術しましょう 」
先生の声もちゃんと聞こえてるし、話もわかる。でも、誰の話? 私の事? 私自身の話なんだと心が受け入れるのに時間がかかる。癌専門の看護師さんを紹介される。何でも相談して下さいとの事。でも何を相談したらいいのか分からない。
急いで色んな事を頭で理解しようとするが、急に涙が溢れる。
『先生、子供がまだ10歳なんです。だから私まだ死ねないんです。』
振り絞って出た言葉がこれだった。その場で泣き崩れてしまう。


母の介護で、一月ほど仕事をお休みしていた為、葬儀の後は溜まった仕事で忙しくするつもりでした。
それなのに、次は自分の病気?
母が亡くなって、悲しいとか考えてる時間は全くなく…


3月13日
仕事が溜まりに溜まってる。後3週間の間にどうやってスケジュールを組んだらいい?
入院が25日。手術は28日に。
入院前の検査で何度も病院に行く。麻酔をすると運転出来ないので無しでお願いする。痛いけど我慢!
病院、仕事とパズルのように予定が埋まる。分刻みで動く。


* * *

3月17日
告知をされてからの一週間は何が何だか分からないスピードで日々が過ぎる。時間が足りない。家の事、隆真の事は、隆ちゃんが全てしてくれるので、本当に助かる。
仕事中はすっかり忘れてるのに、夜仕事が終わっての帰り道、車の中で毎日泣く。一旦涙が溢れると止まらない。前が見えない。運転が出来ず、道路脇に車を停めて、ひとしきり泣く。何で何でと自分をせめる。何が悪かったのか。何で私なのか?とにかく自分を全否定する。ポジティブ?なれるわけがない。私の何が悪かったのか理由ばかり探す。私は何を試されてるんだろう


* * *

3月19日
疲れた。昨日は仕事を切り上げて、早めに帰る。久しぶりに隆真とお風呂に入って、一緒にベッドに入る。学校の話をしていたのに急に隆真が黙る。
「…ママ、大丈夫?どこが痛いの?」と可愛い手で私のお腹をそっと撫でてくれる。
「…ママ、死なないよね?」消えそうな声で、私に分からないように声を殺して泣いてるのがわかる。
「大丈夫!ママは大丈夫よ!」と言いながら、隆真を抱きしめる。私も気付かれないように溢れる涙を必死におさえる。
隆真も、祖母を亡くして直ぐなので、とても不安なんだ。適当に誤魔化すのは止めよう。きちんと話をしようと決める。
あぁ、私はこんな子を残しては死ねないのだ。
まだまだ私が必要で、たくさん教えないといけない事がある。必ず生きねば!
もう何神様でもいい! 私まだまだやる事いっぱいあるんです!


告知されてから入院までの3週間は、あっという間で、
心も体もギリギリで、目の前の事に精一杯でした。
何でこんな時まで仕事してるんだろう。私は何してるんだ? の気持ちと、目の前にある仕事にただただ有り難いと感謝する気持ちとが交差するのです。


入院は2週間ですが、退院してすぐに仕事は出来ないだろうから、迷惑を掛けないように何処に連絡するか、誰に言うべきか等、とにかく仕事中心に動いていた毎日でした。私、本当に男脳ですよね(笑)


これまで病気とは無縁の人生でした。

ただ、私は癌になる事で、たくさん得たものもあるのです。

続きはまた明日。

バイオリズム


良い事しかおこらない人生とか、悪い事ばかりの人生とか、そんなのはないのです。
お天気の日もあれば、雨の日もある。
これは宇宙の原理、原則です。


それでも『 毎日毎日、お天気でありますように 』ってお願いしてしまう(笑)


人間誰でも、長い人生の中で良い時期もあれば悪い時期もあるのです。自分だけではなく、全ての人に平等に、学びや試練はやってきます。その人の環境、レベルに合ったものが必ずやってくるのです。


【 雨の日は、雨の日のように。晴れの日は、晴れの日のように。】


‥‥そして、私も30代に入った頃から、やっと少しずつ気付いてきたのです。
人にはそれぞれ、必ず流れがあるんだなと。
それは季節みたいなもので、サイクルがあります。
止まない雨はないって言うけど、お天気もそうだよな。
雨が降ってるのに傘も持たずに出ればずぶ濡れになる。今日は雨だなって分かってれば、傘をさして、レインコートに長靴を履いて、外に出ればいいんだなって。


真冬に、Tシャツで外に出れば風邪もひくし、真夏にコートで歩く事もない。余りにも当たり前のシンプルな事に気づいたのです。
そっか、その流れを知ってるのと知らないのでは、エネルギーを注ぐ矛先も違ってくるんだろうなと。


【 人のバイオリズムも自然の摂理と同じなんだな。流れに沿う…ということ。】


今自分がどういう状態なのか、どんな流れにいるのかちゃんと観る事、解る事なんだと。
物事のタイミングというものも、思った以上にとても大切なんだと。


【 過去記事 】占いの活用 - yumi-fields


* * * * * *


話が少し逸れますが…
私はいつも、スムーズに事が運ぶ事はして良い事だと思っています。トントン拍子に事が運ぶってあるでしょう?何やっても上手く行く時。それは進めても良い事。


逆に、頑張っても何やっても、横槍が入ったりして進まなかったりする時は、しない方が良い事が多いのです。楽な道を通ればいいという事ではなく、エネルギーの無駄使いで、今一度考えた直した方が良いのではないかという事だったりするのです。焦らずに時を待つ。
後で思い返してみると、一見遠回りに見えて、実は一番の近道だったりするのです。


私が必死にもがいてた当時は、それが分からなかった。
これも試練あれも試練と、マゾのように、この逆流を泳ぎ切ってやる!と、これを克服するんだ!と(笑)
…勘違いをしてたんですよね。
だから、いつも疲れてました。
心がいつも折れそうだったのです(笑)
清々しい感じの心地よい疲れとは、程遠い感じだった。



今はすごくシンプルに判断します。

『自分のエゴがそこに入りすぎてないか』

私の基準、いつも心に留めている事です。
もちろん、私も食べていかなければならないので、仕事は頑張らなくてはいけない。ただ、儲かったら何でもいい訳ではないのです。


こんな事を心に刻み、日々が勉強で、自分自身を鍛え、心を創りながらタイミングを待つのです。


* * * * * * *



話を戻しますが。自分のバイオリズム、流れが分かると、物事のスタートが切りやすくなります。
さぁ、行くぞ!という時期に照準を合わせて、自分の心を創っていけるのです。


流れが分かっていても、そこに何の準備もしなければ、全く以って意味もないのですが、上手く活用すると、仕事も恋愛もライフスタイルもスムーズになる様です。


流れの良い時は、人も物も情報もたくさん集まってきます。ただ良いも悪いもたくさんやってくるので、そこは気を付けながら、取捨選択をしていく。


自分のバイオリズムを知ることは、人生においてとても役に立つと思うのです。

男の甲斐性


『 またやってもてん。なんか見繕って』
「 どないしはったんですか? またですか?!」
とLINEの返信をしながら、この社長からの話は聞かずともわかるのだ(笑)



『 いっつもお茶漬け食うてたら、たまにはステーキ食いたなるねん!って言うてもてん 』

「 ……それ、一番間違えたらあかんやつですね。」

奥様に平謝りする場面で、逆に言ってしまうという最大のミスを犯してしまい、逆鱗に触れたのだとか(爆笑)



『 あのな、由美ちゃん。彼女はな、1人はあかんねん。余計に揉めるねん。常に2、3人おったら自分ものめり込み過ぎずで、丁度ええねん。』


いやいや、何が丁度いいのか分かりませんが(笑)
『社長、浮気をしてはいけませんよ。もっと奥様を大切にしなくちゃ!』
なんて話しをこの社長にするのはナンセンスなのだ。



何だかいつも『バレても〜た!』的な笑っちゃう話で、全く深刻さがないのです。
きっとね、会えばわかるんです。この人ならしょうがない。許すなって(笑)



奥様だって、そんな人に惚れたのです。
浮気がバレる度に増える宝石やバッグも、『次はどれにしよっかな』位でいいのです。
腹が立つけど魅力ある男、それもいいやんね。


【 過去記事 】 惚れた弱み - yumi-fields


* * * * * *



「 匿名にするから、ブログに書いても良いですか?」
『 ブログって何? 男前に頼むわ!』

(笑)とにかく破茶滅茶、でもどこか憎めないのです。


いつも自分の好きにして、奥様に見つかって怒られたら、自分の全部で土下座して謝罪する。
逃げも隠れもせず、嘘もつけない(ヘタなだけ 笑)
ある意味一本筋の通ったこの社長を、私は尊敬すらしています(笑)



女遊びは男の甲斐性やと豪語するだけの男は最低やなと思うし、ちっちゃっ!って心の中で叫んでますが。
…いや居るんですよ。ホンマの自慢しい!
仕事も遊びもバリバリして、奥様にも十二分な事をして、その上そんな時間いつあるんですか?!的な楽しみの部分は、本当の甲斐性やと私は思っているのです。



奥様にはお会いした事はありませんが、いつも頭が上がらんって言うてはります。
そしたら何で浮気?と思うのですが、それとこれとはちゃうらしいです(笑)
奥様は本当に賢い方なんだろうと思っています。
何があっても動じず、いつもでんと構えておられます。


あれ?世の主婦層、今全部敵に回してるんかな私(笑)
何度も言いますが、私は浮気を推奨もしないし、不倫賛成派でもないです。ただ、世の中色んな人がいて、色んな考え方があって、それで良いんじゃないかと思うのです。批判も賛成もない、何だか楽しいな笑っちゃうなの方が幸せで良いのではないかと。


女性に対しても、誤解を恐れずに言うと
【 つまらない男の本妻よりも、できる男の愛人 】
を選ぶ女性が、私は好きです。
その潔さみたいなものが、好きなのです。



私はお陰様で? 笑い飛ばす人生を選びましたので(笑)もう今更何がおきても大丈夫ですが、世の中ご主人の事で辛い思いをしている方もたくさんありますので、今日のこの話は読まないか、サラッと流し読みして下さい(笑)


* * * * * *



「ねぇ、ふと思ってんけどさ、まさか隆真の異母兄弟が後から出てくるとか、無いよね?」

『無いわ、無いよ!……たぶん。』

……今、たぶんって言った?(笑)

人生を愉しむ


今日は急に仕事がオフになり、友人のバスケットの試合を観に行ってきました。


先日聞いた、面白い大人達を見に行こうと(笑)


試合の相手は中学の我が息子のバスケ部だと言う。
「 僕も同じ中学でバスケ部のOBやねん。その時の同級生の仲間で、もう一回バスケやろうってなってね。それで、息子には内緒で練習試合を申し込んだんよ 」



要は、親達がバスケOBチームを再結成して、息子の現役チームに試合を申し込むという、遊び心満載の企画な訳です。当時の顧問の先生まで来て下さるという。
よく学校も、顧問の先生も、受けてくれたものだと思いながら(笑)
子供達にはサプライズの試合が今日だったのです。



今日の試合相手はどこの中学のチームだろうと、体育館で待っていた子供達。
40代のおじさん軍団が音楽と共に登場するのを見て、びっくり!サプライズ成功(笑)



* * * * * *



かくして、試合は始まりまして。
結果は言わずものがなですが……。
やはり現役の中学生のスタミナには敵わないのです。きっとまだまだ負けてないと思って挑んだのでしょうが、試合前のアップで息切れしているおじさん達には、到底厳しいのです(爆笑)



今回の企画を思い立ってから、40代の彼らがどれだけ練習をしてきたのかは分からないけど(笑)そんな事よりも、大人達はその日の為だけにユニホームを揃え、バスケットシューズももちろん新品で、まずは形から入ってるのがバレバレなのですが、それがまた楽しいんだよね。わかるわかる(笑)



私は、この人達本当に仲がいいんだなと思って見てました。きっと、卒業してからも何かの折には集まり、お互いを祝福する事もあれば、時には励ましあったりしながら、今でもずっと大切な仲間なんだろうなと。



30年前に苦楽を共にした仲間は今も健在なのです。クラブ活動以外でも、笑ったり泣いたり一緒にしてきた友達、お互いの恋愛事情だってずっと見てきたはず。
大人になって、結婚して、家族を持っても、その時にできた絆は30年経った今も変わらないのです。



子供達はそれを見て何を思っただろう。
今すぐには分からなくても、自分達がまた大人になった時に、あの時にお父さんがしてくれた事、今日の事はきっと届くはず。



大の大人が、何かに一生懸命になるって楽しいよね。
子供相手に、必死になるのって、見てて楽しいやん。


【 大人のこんな姿を子供は見ているのだ。】



私はいつも思うのです。
大人こそ毎日を楽しむ事、何でも遊びに変えてしまう事なのだなって。
子供達はそんな親を見て、大人っていいな!って思うのです。早く大人になりたいって。
子供は、大人の言う事ではなく、している事を見て学んでいくのです。
これぞ、教育なのかもしれません。


【 大人が人生を愉しんでる姿を見せる事 】


何だか、今日は良いものを見せてもらいました。
当分、身体がボロボロで仕事にならないと思いますが(笑)お疲れ様でした。
Sちゃん、ありがとう。

出逢い


ブログを書き出して、一月ちょっとがすぎました。


今日、今まで書いてきたものを読み返してみると…
あぁ…何回も確認したつもりが誤字脱字だらけ(笑)
何が言いたいのかイマイチ分かりにくかったり。
伝えるのって、文章って、本当に難しい…
書く事は楽しいのだけど、自分の文章レベルの低さに本当にめげそうです(泣)


でも、でもでも!とにかく続けるのだと友人(今や師匠)の言葉に励まされつつ、コツコツとやっていこうと思いますので、温かい目でよろしくお願いします(笑)



ところで、私がアメブロとかでなくこの『はてなブログ』で書こうと思ったきっかけ。
それは、ここで記事を書かれている【 いばや通信 】の坂爪圭吾さんに出逢ったからです。って、もちろんまだお会いしてないのですが、ひとまわり程も年下の彼の生きかたのファンだからです。


【 いばや通信 】
http://ibaya.hatenablog.com/


このブログ、坂爪さんという人、かなり素敵なのでぜひ読んで下さい。
仕事も持たず、家も持たず( 現在は熱海にオープンハウスが )、自分のプライバシーを全てオープンにして、びっくりする位に自由な生き方をされてる方です。


* * * * * * *


坂爪圭吾さんを知ったのは、ちょうど一年前の今頃。
私が入院中の事です。
もともとはHちゃんから『 こんな記事を見つけたよ。読んでみて 。』とLINEがあり、先にムラキテルミさんという方を知ります。
そして、ムラキテルミさんのブログに紹介されていたのが、坂爪圭吾さんです。


もうね、坂爪さんのブログ、一気に読みました。
さかのぼってさかのぼって、一晩徹夜して、泣きながら一気に読みました。
看護師さんからも夜中、どうしましたか?!大丈夫ですか?!って何回も声を掛けられるほど(笑)



こんな人が世の中にいてるのねって。同じ時代に生きる事ができて、ありがとうって嬉しくて仕方がなかった。共感できる事が本当にたくさんあり、すごいの一言なのです。坂爪さんのライフスタイル、素敵だなと。



私は坂爪さんと同じ生き方は出来ないけれど、違うジャンル、土俵で、こんな人になりたいなと思うのです。
坂爪さんの心の在り方がとてもとても好きなのです。



ものすごく大胆なのに、とても繊細なものがあったり。
ゆっくりと海を眺めていたかと思うと、次の瞬間びっくりする程の行動力だったり。
今は何処に居るんだろう?と思ったら、日本ではなく海外だったり。



坂爪さんには、いずれぜひお会いしたいと思っています。
スケジュールをチェックしているので( 坂爪さんは自分の居場所やスケジュールもオープンです )連絡をしようと思っています。



……あれ? 今思ったけど、こんな事って勝手に書いちゃっていいのかな?
でもきっと、坂爪さんは怒らないと思うから、いいにしよう(笑)

ミクロではなくマクロで


【 ミクロではなく、マクロで物事を捉える事。】


何か難しい問題にぶつかった時、私達夫婦がいつも話し合う事です。


マクロで物事を考える…という事。


どうしても、人は決断に迫られた時、その事柄にどんどん集中していき、答えが出せなくなる事があります。
集中すればするほど、周りが見えなくなり、全体像がボヤけてしまいます。


そんな時はちょっとそこから離れて、問題の全体像を見ます。そうやって一歩引いたり、視点を変えてみる事で色んな気付きがあるのです。


『 ミクロではなくマクロで物事を見よ 』


木を見て森を見ずという言葉と同様に、何かを進めて行く時に、これかなり大事だなぁと思うのです。
そうやって、物事を大きく捉えて考えた時に、枝葉の部分でいかに勿体無い時間を費やしていたかに気付きます。


* * * * * *



ところで、会社を始めた当時、ある日主人に言われた事があります。


『 僕はな、想いのある物を扱う仕事がしたいから、宝石屋になってん。宝石ってさ、ひとつひとつにストーリーがあるやん? 誕生日とか結婚記念日とか、そこにたくさんの想いのある物やん? 宝石は持つ喜びのある最たる物やと思う。そんな物を扱えるって素敵やろ? 』



私ね、その時にハッとしたんです。
そしてその時に初めて、ちゃんと宝石を見たんだと思います。ひとつひとつの宝石を見ながら、私はこんなに美しいものを扱ってたんだなとホントに初めて思ったのです。



それまでの私にとって、宝石はお金を稼ぐ為のツールだったんです。ひとつひとつをそんな風に思って、見た事がなかった。
その時によく分からない涙が溢れてね。宝石って本当に綺麗だなって。私、もう大丈夫だなって。



あぁ、この人はずっとそんな風に思ってたんだと。何だか、ホッとしたんです。良かったって、本当にホッとして、その時から私の中に新しい何かが生まれたのです。


これはミクロやマクロというより、初心の話かもしれませんね(笑)


* * * * * *



企画でも、製品でも、何かを創っていく時には、まずそこに対する思いが大事だと思います。どんな製品を作るかより先に、どんな思いで作るかがとても重要だと。



そこがブレると、こっちの方が安くつくとか、ああした方が儲かるとか、どんどん軸がズレていくのです。
良いものが出来ないのです。



まずは大きなビジョンを掲げてから、ひとつずつ中身を組み立てる。目標となる大きな旗を立ててから、手前に小さな旗を順番に立てる感じ。



もっと客観的に見る事。色んな角度から捉える事。
大きく物事を考えた時、目先には囚われなくなります。
ミクロではなく、マクロの視点で物事を考える。
私の課題です。

思考は具現化する

今朝は青空が澄んでいて、とても良い天気だった。
カフェ日和だなと思ってたら、時間がポッと空いた。
『ちょっとひとりミーティングしてくるわ!』と外出。
私はこんな時間が大好物(笑)なのです。


物事を考える時は、ドライブが一番。
机に向かうよりも、運転しながら、歩きながらが私のいつものパターン。どんどん頭が冴えて整理されて行く。
「 やっぱりオープン要るなぁ〜 そろそろ何買うか決めないとな〜」と、ブツブツと独り言を言いながら(笑)大好きな音楽をガンガン聴くのです。


そして今日はここだなと、その時の気分でカフェを決める。そして手帳を広げ、普段インプットしたものを一気にアウトプットするのです。


カフェラテを飲みながら笑みがこぼれます。
『あぁこの感じ、久しぶりのこの感じ』
自分の中の奥の方から何かが溢れ出す感じ。デザインもアイデアも何でもそうですが、絞り出してるうちは良いものが出来ないんです。この溢れ出す感じが来ないと。



* * * * * *



その時にふと若い頃に言われた事を思い出したのです。
20代のもがき苦しんでいる最中、当時のメンターに言われた言葉。


『全ては君の思った通りになってる。』


んな訳ない!思った通りになんか、なってない!
心の中で叫んでた私。


『 全て君の思った通りになってる事に気付きなさい。
こんな事が起こればいいのになぁ、こんな風にならないかなぁと一生懸命願いながら、心の片隅で、んな訳ないよな、世の中そんなに甘くない。って思ってるだろ?
だからその通りになってる。』


ハッとしたんです。あまりにも真髄を突かれて。
そして自分に腹が立って腹が立って仕方がなかった。
私の胸の奥の方を見透かされた気分で悔しくて、帰り道人目もはばからずに号泣しました。


あの頃の私は、いつも一生懸命生きてたと思う。
人の何倍も働いたし、頑張っていたと思う。
それなのにいつも、足元を掬われるように何にも無くなって。そして世界中でたったひとりの気分も味わって。
どうしてだろう? 一生懸命なのにどうして思うように行かないんだろう?


あの頃は、エネルギーの矛先を間違えてる事に気がつかなかったのです。心がね、疲れて過ぎて、いつも何かに焦っていて、いう事聞かなかったんです。
私、何もかもに余裕が無かったなって。



私の思考パターンが変わってから、少しずつですが、頭ではなく心で理解出来るようになってきました。


最近ね、あぁ色んなタイミングが重なってきたなと。
今ここで私が考える事は必ず具現化されるなと。


本当になりたい自分をどこまでイメージできるか。
願望ではなく、そこにどれだけの本気度があるか。


なりたい自分をどれだけリアルにイメージするか。
そこに空気感、温度感までも手に取るようにイメージできるか。


私、今そこに集中しています。


ところで余談だけど…私が十代後半から二十代前半にかけて、新御堂筋沿いに『 楡の木 』ってカフェがあってね。大好きでよく行ってたのだけど、あんなカフェないかなぁ。行きつけを作らないとなぁ…