yumi-fields

日々感じること。心のままに。 私の病気の事、仕事やプライベート、心の中の事をありのままに。

カテーテル治療 12回目

f:id:yumi-fields:20181116010438j:image

 

昨日の午後からクリニックに入りました。

夜ブログをゆっくり書こうと思ってたのに、コトンと眠ってしまって(笑)

起きたら真夜中で……。

 

 

今朝は9時スタート。一番手でした。

12回目のカテーテル治療です。

今回はカテーテルをいつものと逆の足、左足の鼠蹊部(足の付け根)から入れました。

これまで、右の鼠蹊部ばかりだったため、皮膚も血管も硬くなってきているからとの事。

 

 

朝8時過ぎから、点滴が始まりました。

吐き気止め、痛み止め、緊張を和らげてリラックスするお薬、順番に入っていきます。

もうね、最近は痛いのとか辛いのは我慢しないの。

 

 

これまではお薬はちょっとって、なるべく使わないようにしてたんだけどね、もう辛いの嫌やわって。

たくさんはしないけど、最低限のお薬はお願いする事にしたの。

 

 

今回もカテーテルを入れる時に、少し痛みはあったけれど、それ以外は全く問題なしだった。

治療途中どうしても『 息を吸って、吐いて、止めて』って、しないといけない箇所があるので、寝てしまったらダメなのだけどね、今日はうつらうつらしてる感じだから、とても楽だった。

 

 

治療が終わって、病室に戻って、数時間は安静にするのだけど、この時間ずっと眠ってたので3時間もあっという間だった。

温熱治療に声をかけられるまで、水も飲まず、何も口にせずにずっと寝てた(笑)

こんなに眠ったのはいつぶりだろう。

 

 

そして、今日は嬉しいことがあった。

腫瘍マーカーの数値がかなり下がってた事。

この前少し上がったのは、腫瘍も少し大きくなってたからなんだなぁと思ってたけどね。

今回はまた急激に下がってたの。

 

 

治療後のカンファレンスの時に、今回の治療説明を受けるのだけど。

『 今朝の血液検査でマーカーがこれだけ下がって、僕達もびっくりして見てたんですけどね、9月以降カテーテル治療以外に何かされましたか?』

そう聞かれた時、ほぼ間違いなくニュースキャン だと思った。

もちろん重曹や食事療法もなんだけど、この直感は間違ってないと思う。

9月以降、今回までに3回受けた『 ニュースキャン 』 だと思う。

 

 

先生に少しだけ話をしてみた。

『 ニュースキャンというものを受けてます。

身体の細胞を元々の正常なところに戻すために、振動療法というんでしょうか。免疫力を高めてくれるものです。』

説明が難しかったのだけど、何となくで話をしてみた。

 

 

「そうですか。ではきっとそのニュースキャンがかなり良かったのだと思います。こんな数ヶ月でここまで下がるのは稀ですから。」

と、そんな感じだった。

うん。ニュースキャンも続けて受けようと思う。

 

 

報告が遅くなりました。

とにかく眠くて、文章を書きながらコクンコクンして寝てしまうの(笑)

 

 

明日もう一日、ゆっくり静養します。

おやすみなさい。

 

 


FIELDS GROUP アトリエブログ

https://ameblo.jp/yumi7837

 

FIELDS GROUP ホームページ

http://fieldsgroup.jp/

 

 

 

 

リフレッシュ


f:id:yumi-fields:20181113224920j:image

 

 

先週末は、金曜の朝に家を出てから、日曜の晩までね、

週末はずっと家に帰らず、2日続けて外泊…(笑)

仕事1:リフレッシュ9の割合で出掛けておりました。

ってかこんな書き方したら、不良主婦みたいやんね!

 

 

違うねんよ(笑)リフレッシュしてましたの。

心も身体もリフレッシュ。ある意味これも治療やの。

同居してから色々あって、心も体もバランス崩してたからね。

これからは自分達で、それぞれコントロールしようって決めたの。

家が嫌だとか、帰らないとかじゃなくて、上手く距離を取るという事。

 

 

実は私、同居してこの半年、精神的におちつかなくて。

皆んなが寝静まる夜中まで車の中でブログ書いてたり。

家でお風呂に入らずに、遠くの銭湯まで一人で行ってたりね。

家に心の休まる場所が見つけられなかったの。

 

 

マンションてワンフロアやからね、それぞれの部屋に居てても、常に人の気配を感じる。

私の部屋の横に、トイレもお風呂もあるから、常に誰かがウロウロしてる。

お婆は相変わらず、テレビは大音量やしね(笑)

なんせもう、落ち着かなかったの。

 

 

決して仲が悪いとかじゃないのだけどね。

3人から5人の生活になって、それが上手く噛み合わなかった。

それぞれの今までの生活スタイルがしっかりとある訳だから仕方がないのだけど。

それで、このままじゃもう無理だなと思って話し合ったのね。

 

 

家族がそれぞれ我慢ばっかりするのではなく、 お互いがwin-win になるために。

それで私達夫婦は、一人の時間を待とうってなったの。

ストレスを発散する方法が、それぞれ何なのか考えて。

 

 

私も自分の身体の事がある。ストレスは大敵。

仕事もプライベートもこのままじゃいけない。

家族ももちろん大切。これからも助け合うよ。

でも、どうしてもひとりになりたい時もある。

ゆっくり考え事したい時もある。

リラックスして、頭を空っぽにして眠りたい時もある。

 

 

だからこそ、それぞれのひとりの時間を尊重しようって事になった。

お泊りもあり。誰とどこで何をまでいちいち聞かない。

連絡はいつも取れるようにしておく事。それだけ。

もちろん子供のことはきちんとするよ。当たり前。

 

 

心の余裕が少しでもあれば、イライラしないで済む。

これからも同居生活をストレスなく続けるために。

話し合って決めた事。

 

 

その第一弾?(笑)が、先週末だった。

心と体の療養。してきました。

おかげさまで、ゆったりリフレッシュができた。

こんな感じでまた、私達の家族の在り方みたいなものが出来ていく。

それでいいのだ。

 

 

 


FIELDS GROUP アトリエブログ

https://ameblo.jp/yumi7837


FIELDS GROUP ホームページ

http://fieldsgroup.jp/

 

 

 

あいたたた…💦

 

f:id:yumi-fields:20181112235043j:image

 

ね。かわいない? このパグちん(笑)

私に激似やって、昼間 友が送ってくれた画像…

このぶちゃいくやねんけど、なんとも言い難いこの出で立ち。あかん…もう他人とは思えん(笑)

 

 

ってか。そんな事はえーのや!(笑)

 

 

今日は、この三日間の出来事を書こうと思ってたのやけどね。実は今、身体中が痛くて痛くて。。。

 

 

今日の昼間ね、道端を歩いてて鉄板に滑って転けたの。

小雨が降ってたから、スニーカーが滑っちゃって。

その時は恥ずかし過ぎて、すって〜〜んって転けても直ぐに立って、何事も無かった様にすたすた歩いて帰ったのだけど(笑)

後からどんどん痛くなってきてね〜

 

 

トイレの便座に座るのさえも、痛くて痛くて(笑)

ものすごい転け方したから(笑)お尻を強打してて。

これはきっと、手のひら位の青タン間違い無しやわ。

 

 

だんだん、じわじわとあちこちが痛くなってきてね。

服は破けてなかったのだけど、脱いだら何か所も怪我!

もう、こんな傷だらけは学生以来やわ(笑)

 

 

ダメじゃ。。。

今日はこのまま休みます。

また落ち着いたらゆっくり書きます。

おやすみなさい。

 

 

FIELDS GROUP アトリエブログ

https://ameblo.jp/yumi7837


FIELDS GROUP ホームページ

http://fieldsgroup.jp/

 

 

生き抜く力 ②

f:id:yumi-fields:20181108001024j:image

 

 

昨日は私の若かりし頃の事を少し書いた。

最近、今時の若者の事で色々考えさせられる事が多いけど、自分自身はどうだったんだろうって。

いつの時代も、最近の若者はって必ず言われる。

そして私も、あの頃は最近の若者だった(笑)

 

 

私もこの仕事を始めてかれこれ18年になる。

細々と何とか今まで続いてる。

自分で稼いでご飯が食べれるという事。

こんなに有り難い事はないよね。

感謝しかない。

 

 

私はよくね、バイタリティがあるとか、行動力があるとか言われる。勇気があるねって。

でもね、自分でそんなん深く考えた事ないんよね(笑)

 

 

私が独立して仕事をしたいと思ったのは、お給料じゃ足りなくて(笑)

もっと稼ぎたかったから。これ第一の理由。

私の性格だったら、独立しなくてもお勤めしてても、きっと和気藹々と楽しくしてたと思うの。

でも、頑張ったら頑張っただけの結果が欲しかった。

だから、自分でやってみようと思った。

ただそれだけの事。

 

 

それに、私がこうしたいああしたいと思う事は『 そんなんしたいんやったら、自分で独立してからやってね。』と言われるような、会社勤めで言えば、枠外の事が多かったからでもある。

 

 

自分で何かを始める。うん。考えてみれば勇気はいったよね、きっと(笑)

でも、不安より期待の方が遥かに大きかった。

 

 

途中、楽しいばかりではなく、痛い思いも、辛い事も、山程あった。ただその都度、逃げずにちゃんと経験してきて良かったと心から思う。

私の中に、確かな経験値と小さな自信が、ひとつずつ積み重なったのもこの時期だから。

 

 

会社を大きくしようとか、従業員を増やして年商はここまでやる!とかね、思った時期も確かにあった。

でも私の中でそれをした時に、何かが崩れてしまった。

私のしている事のその先に、私の思う幸せはあるのか? 

いつも自分に問うていた気がする。

 

 

私が大切にしたいのは、会社大きくする事でなく、継続させる事だと思った。

どんな時代が来ても、潰れないもの。

軸はブレないけれど、色んな変化にその都度対応して行ける事。

それが、私らしい仕事の仕方だなとある時思った。

もうカッコつけるのやめようって(笑)

 

 

まだまだ今も発展途上だけどね。

そんなこんなで、今がある。

学生時代から始まって、その時期にメンタルを鍛えられてたんだと思う。

いざ何かをする時に、物怖じしたりする事はなかった。

何かに飛び込む勇気だけは身に付いていたんだと思う。

 

 

 

経験値を上げる事。たくさん失敗をする事。

物事を自分自身で体験し、体感する事。

人間にある五感、感情の全てを、その年齢のその時期に全て感じる事。

友達をたくさん作る事。

人とのコミュニケーションを大切にする事。

恋愛をする事。そして失恋もする事。

 

そして何より、出逢いを大切にする事。

 

 


FIELDS GROUP アトリエブログ

https://ameblo.jp/yumi7837


FIELDS GROUP ホームページ

http://fieldsgroup.jp/

 

 

 

 

 

生き抜く力 ①

 

f:id:yumi-fields:20181107003757j:image

 

 今日もお疲れ様でした。

ここ数日のブログ。自分の事を棚に上げて(笑)

今日はね、私自身の若い頃を思い出しながら、昨日の話の続きのような事を書いてみようと思います。

 

 

*********************

 

 

私にも若い頃があったし、間違いなく生意気だった(笑)

ただあの頃は、スポンジのように何でも吸収したし、素直ではあった。と思う(笑)

 

……どこまでさかのぼろう。

 

 

私は学生の頃、中学・高校とテニスに明け暮れ、超がつく体育会系だった。もうバリバリの(笑)

18歳になるまで、バイトもせず、色気もなく、恋愛もせず、そのまま短大生になった。

 

 

短大は京都の美術の学校でね。

もちろん、ちゃんと勉強はしてたよ(笑)

でもこの2年間で、私は一気に色んな経験をして、大人になったのだと思う。

時代もバブルやったからね。私も御多分に洩れず、ワンレンにボディコン、おへそや足も出せるとこ全部出して(笑)若気の至りやね……。懐かしい。

バイトもありとあらゆる事したし、恋愛も沢山した。

充実した2年間。そして私は二十歳で社会人になった。

 

 

一応ね、誰もが知ってる会社に就職した。

グループ全体の入社式は、東京のNHKホール。

同期入社が130人程いて、その殆どが大卒でね。

私のような短大卒は、十数人しか居なかった。

そして私はこの会社で、お給料を頂きながら多くを学ばせてもらった。

 

 

同期入社なのに、お給料から始まって、待遇も含めてね、私達はたくさん区別(差別)されてた(笑)

私はあの時ね、まずそこから社会というものを知った。

大卒と短大卒。この差って何?

それが悔しくて悔しくて(笑)

 

 

その頃私は、本当に生意気な小娘でね、色んなことを知ってるつもりでいてたから。

今なら穴があったら入りたいと思うような事もたくさんほざいてたと思う(笑)

ただあの頃は、毎日よく働いた。

人の何倍も働いたとは思う。

 

 

私は成績ばかり気にしていた。

本当に学ぶべき事よりも、会社に認めてもらいたいが先だったかもしれない。

同期のトップを常に目指してたし、人の上をいきたくて、いつも頑張った(笑)

今から考えると、頑張る目的や理由がそもそも間違ってるのだけどね。

その頃に資格を取ったり、何やかんやとスキルアップに性も出した。

 

 

私はものすごく駆け足で、凝縮された時間を過ごしたと思う。

良いも悪いも、17〜26歳の10年間程で得た経験が、今の私の根本を創ったと言っても過言ではないと思う。

 

 

何が正解とか、そんな事は死ぬまで分からないのだろうけど。ひとつだけね、あの頃良かったなぁと今でも思えるのはね。

私には【私を叱ってくれた大人】が、周りに何人もいてくれた事。

 

 

私が何かものを言う度に、両親、親族、そして上司に散々叱られた。

きっと褒められた事もあったのだろうけど、今でも胸がチクっとするくらい、恥ずかしい思い出の方が多い。

 

 

ただ、間違いなくあの時代があったから、今の私があるんだと思う。

 

 

 


FIELDS GROUP アトリエブログ

https://ameblo.jp/yumi7837


FIELDS GROUP ホームページ

http://fieldsgroup.jp/

 

 

 

 

 

 

人として。

 

f:id:yumi-fields:20181106233545j:image

 

 

『 それは業務命令ですか?仕事の一貫ですか?自由参加であれば、僕、帰ってしたいことがあるんで、欠席でお願いします。』

 

 

これは、私の幼馴染みが某会社の人事部にいてまして。

この春、新入社員の歓迎会をすべく、飲み会を企画した段階で、その当事者(新入社員)から言われた言葉だそうです。

 

 

 

昨日に引き続き、今日も大阪のおばちゃんします(笑)

途中、お口悪くなったら、ごめんなさいね。

 

 

 

『 もうね、びっくりしたわ。あんたの歓迎会やで?って(笑)業務命令じゃないけど、これは参加すべきって話しをしたんやけどね。めっちゃ大きな溜息吐きやって。その子さぁ、〇〇大学卒やねんよ。』

 

 

〇〇大学?(笑)有名国立大学やん。

昨日のブログで話してたやつね(笑)

お勉強の前に、人としてが先やろ!が、そのままほっとくとこんな社会人になりましたの代表やん。

勉強はできるんかもしれん。けど、人として全くなってないねん。

 

 

……ってかさ、私やったらその子がそう答えた時点で、あっそうもういいもういい、わかったわかった言うて、飲み会中止。全部やめてるやろな(笑)

そんな子ね、普通に話ししても絶対に通じないからね。

 

 

そもそも、自分第一やろ? これからこの会社でお世話になるという心構えから欠けてる。

仕事を覚える前に、まずは会社の上司や同僚とのコミュニケーションさえ取る気のない人間に、何を言うても無駄やんね。

え? そやね。別に飲み会である必要も無いんかもしれんね。

普通に日々の業務の中でも、コミュニケーションは取れるのかもね。

 

 

もうさ、そんな子に説明すんのも面倒くさいけどね。

人と一緒に食事をするって、とても大切な要素やねん。

飲まないと本音が言えないのも問題かもしれんけどね。

でも一緒に食事をしたり飲みに行くとね、その人となりがよく分かるねん。

 

 

それはね、心がとてもオープンになって、人との距離が近くなるからやの。

だから、普段は言えないような本音を語り合えたりもするんよ。

仕事だけでなく、その人の違う一面も知れるしね。

だから、仲良くなりたい人とは食事をする事からやの。

その為の、あなたの為の!歓迎会やねん(笑)

 

 

あのさ『 同じ釜の飯を食う。』って言葉もあるくらいね。

これは、とても大事な事やと私は思っていて。

同じ釜の飯を食うとは、生活を共にしたりとか、同じ職場で働いたりして、苦楽を分かち合えた親しい間柄の例えやねんけどね。知ってるよね?

 

 

お疲れさんって言うて、同じテーブルを囲んで一緒に食事をしてね、仕事の事からプライベートまで色んな話をする。

これは、コミュニケーションを取るのに、打ち解け合うのに、一番早い方法やからね。

 

 

それを、面倒くせぇって断る? 舌打ちした?

なんじゃそりぁ!!!

(笑)私ならその時点で終わりやねんけど。

あんねそれ、その子の個性ちゃうからね。

勘違いしたらあかんで。

それは人間性の欠陥言うんや!!!

 

 

今ってさ、モラハラパワハラ?(笑)

私は、セクハラくらいしか知らんけど?(笑)

昔と今では、そういう事の質まで違ってきてるのかな。

上司が部下に仕事を教えるのでさえも、いちいちパワハラになってないか?なんやそれ?

言葉選び過ぎてたら、仕事どころかもう訳わからんわ!

 

 

もちろんね、ほんまのブラック企業あるよね。

最近、一流と言われた企業でさえも、ニュース見てたらびっくりする。

でもこれから、もっとどんどんそんな時代になってくよ。

会社の大きいも小さいも、もう無いねん。

一流企業に勤めたら安泰で終身雇用なんて、もうないねんで!

そんな時代に、自分には何が必要なのか、もっと考えやなあかん。

学歴や資格がどうとか言う前に!そんなもん二の次やねん!

こんな社会に出て、やってかなあかんのやで。

自分をしっかり持ってやってく為に、必要なものは何?!

 

 

その幼馴染も言うてたよ。

この子大丈夫か?ちゃんとうちの会社でやってけるんか?って言う子程、学歴高かったりするって。

3ヶ月ももたずに辞めた子が2人もいたって。

その子達もそうだったから、逆の意味で最近学歴が目立つって(笑)

人として大切な事、きちんと学んで社会人ならなあかんね。

履歴書よりもずっと大事やからね。

 

 

私はベタな人間やから、この上司についていきたいとか、もちろんまずは自分の会社は好きになる。

でも最近は【 愛社精神 】とかもあんまり聞かないね。

そんな事より、会社はお給料がとりあえずきちんともらえればいいって人が多いよね。

 

 

あ、ちょっと話が偏り過ぎたわ(笑)

もちろんお勉強もしっかりできて、スポーツも出来て、人柄も良い社会人もたくさん?いてるよね(笑)

学歴あるのが全部あかんとか、まさかそんな事言うてるのではないよ!(笑)

 

 

非の打ち所がない子も稀やけどいるもの。

冒頭の子が、私にはあまりのインパクトで(笑)

でも、有名国立大学代表ではないのだから、言い過ぎもなんやったね(笑)

 

 

もう少し書きたいので、続きは明日。

おやすみなさい。

 

 

 


FIELDS GROUP アトリエブログ

https://ameblo.jp/yumi7837


FIELDS GROUP ホームページ

http://fieldsgroup.jp/

 

 

元気出てきた!(笑)

 

f:id:yumi-fields:20181105215124j:image

 

 

今日ね、もう長らく懇意にして頂いてるお客様と、お孫さんの事で色んな話をしてたの。

久しぶりに、お腹から湧き上がるものがあってね。

子育ての話なのか、教育なのか、それとも世の中や政治に対してなのかは分からないけど、沸々とこみ上げてくる思いがあってね。

今日はそれ書かな寝られへん!

大阪弁、丸出しで書くけど、ごめんなさい(笑)

私、だいぶ元気になってきた(笑)

 

 

その方のお孫さんは高校生の女の子なんだけどね。

元々は名門の学校を幼稚園からお受験して入ったの。

だけどね、小学校、中学校と進むにつれ、ここじゃない!ってなってくるのよ。

 

 

もちろん勉強が難しくなった事もあると思う。でもそれ以上に、自分のしたい事、進みたい道、それがどんどん明確になってきた時に、自分の居場所はここじゃない!と、彼女は思ったんよね。

 

 

それで大学までエスカレーターで行くのを辞めて、そこを出て高校受験をする事になったの。

そして今、新しい学校に通い始めた彼女は、とてもイキイキして、勉強にスポーツに頑張ってる。

 

 

本人も家族もね、ものすごい勇気がいったと思うの。

新しい学校は偏差値だけで言えば、少し下がるのかもしれない。でも今の学校では、勉強もトップで特進クラスだし、スポーツもレギュラーでね。それよりも何よりも、とにかく表情が違うの。もうね、言うことないの。

 

 

私、この子が幼稚園の頃から知ってるからね。

もう自分事のように嬉しい。

とにかくこの子は小さな頃から可愛いくて愛想がいい。

いつも笑顔で、コミュニケーション能力がある。

いつも会えば、元気?学校はどう?彼氏できた?

何を聞いても嫌な顔せずに答えてくれて、会話になる。

ええ子やのよ。性格は言うことない子なの。

 

 

私いつも思うの。

このブログにも我が子に向けて書いてるけどね。

挨拶ができるか。いつも礼儀正しいか。

その年齢に合った常識を身に付けているか。

勉強やスポーツの前に、まずはここやねん。

そこをすっ飛ばして、親は勉強勉強って言うたらあかんねん!

机に向かう勉強より学ばなあかん事は山程ある。

そうでないと、ろくな大人にならへんのや!

結局は、子供の問題の前に、私達大人の問題やのよ。

私達親が、もっとしっかりせなあかんのや!

 

 

学校はね、その子その子にあった所が必ずあるねん。

その子に合った道は、必ずあるねん。

親は色んな事考えるから。欲目もあるしエゴもある。

でもね、生まれてきてまだ十数年でその子の人生なんて決まらんねんから。

どんな学生生活を送ったかが大事なのであって、行く学校が全てちゃうからね。

その年齢で学ぶべき事が学べたら、極端な話、学校じゃなくてもいいって、私は思ってる。

色んな道があっていいねん。

 

 

俗に言う良い学校ってなに?

偏差値だけで学校は選ぶべきでないねん。

この彼女は勇気を出して外に出て、新しいスタートを切れた上手くいった例だけど、そうでなくて無理に合わない学校に行って不登校になった例が周りにもたくさんある。

これは子供だけの問題ではないんよ。

 

 

学歴や資格はね、無いよりはあった方が良いのかもしれない。

でもそれは、プラスではなくて足かせになる事も多々あるから。

そんな事の前に、その子の人間性、人としてが先やねん。

中身が空っぽの子が、ほんまに多くなった。

個性もへったくれもない。

無表情で面白くない子が本当に増えた。

 

 

うちの子も、発展途上の中学一年生。

出来てないよなぁとイライラする所、親として足らない所がたくさんある。

家で出来てる事が外で出来てるとは限らない。

気が付けば、そこに座れと話をして都度叱る。

私は優しい母にはなれないかもしれないけどね。

 

 

私の役目は、子供の自立をサポートする事。

自分で生きていける人間にする事やの。

私が死ぬまでにせなあかん事。

ミッションやから。

 

 

なんか支離滅裂の文章になったけど(笑)

大阪弁で吠えたら、スッとした(笑)

あ。そや。学生の話で長くなったけど。

この春の新卒の男の子の事も、書こうと思ってたのに。

明日、書きます。

社会人バージョンで(笑)

 

 

 


FIELDS GROUP アトリエブログ

https://ameblo.jp/yumi7837


FIELDS GROUP ホームページ

http://fieldsgroup.jp/