読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 私の病気の事や、 仕事やプライベート、家族や子育ても含めて、 心の中の事を書いてみようと思います。

ラブレター



今日、私は究極のラブレターを彼から貰った。


《 あのさ、私達ってさ基本仲良いやん?よく話するし、会話のある夫婦やん?仕事もプライベートも一緒やしね。でも変やねん。私さ、貴方にもし今好きな子がいてるねんって言われても、本当に腹が立ったりしないと思う。そか、良かったやんて(笑)
あの頃はどうしても許せなかったのにね。

でもね、それって嫌いとかどうでも良いとか違うのよ。大事やと思ってるし、まさか今更別れたいなんて思わない。ただ、よく分からない感情やねん。》



『 あんな、由美。それなすごく分かるねん。僕もやねん。あのな、僕は由美を愛してるよ。本当やで。
でもな、人が聞いたら変かもしれんけどな、僕は由美にめっちゃイケメンの彼が出来たら嬉しい位に思ってる。由美が毎日楽しそうに、トキめいたりワクワクしてたりするのって、嬉しいねん。素敵な女性でいてて欲しい。


そんな時間てな、人生の中で素晴らしい時間やろ?
そう何回もない一瞬の素敵な時間やん?
でも僕はもうどれだけ頑張っても、もうトキメキとかを由美にあげる事は出来ないねん。
それはな、愛が冷めたのではなく、時間を戻すことはできないからやねん。わかるやろ?
由美、何で泣いてるん?


僕に出来る事は、今から先の穏やかな幸せの部分やねん。二人の目指すライフスタイルにせなあかんしな。
たくさん旅行もしたいし、美味しいもの一緒に食べたりな、子供の事をたくさん話したりな。僕は由美が笑顔でいれる生活が欲しいねん。必要な分必ず稼ぐからな。』



私が病気だから、彼は言うてるんじゃないのよね。
涙が止まらなかった。こんな夫婦ってきっと奇跡なの。



私達は何にもない所から、ずっと一緒にやってきた。
財布に1,000円しかなかったり、家賃払えなかったり。
彼が家に帰って来なくなった事も、何回もあったしね。
語り尽くせない程の事が二人にはあって、ここまで分かり合える夫婦になったの。



あり得ない。そう、あり得ないよね。
きっと普通はそうだと思う。
そんな事を穏やかな顔で言い合う夫婦なんて嘘だよね。
だからね、これはきっとどれだけの言葉を尽くしても伝えるのは不可能だと思う。



『 もうさ、そんなレベルの事で何かが揺らぐってさ無いやん? そらな、その彼と一緒に飯食わんでも良いけどさ(笑)紹介してもらっても良いくらいに思ってる。彼が出来ても僕は構わないねん。』


もう愛が冷めて、本当は仮面夫婦だからお互いの不倫を美化するんだとか、そんなレベルで思う人はそれで構わない。
私達夫婦がどんな事をこれまで乗り越えてきて、これからも乗り越えて行くかなんて、きっと言葉では伝わらない。



愛情の究極の形やと思う。
今日、私は初めて『 この人で良かった 』って思った。

ごめんね。今まで苦しい事が多すぎて、たまにある幸せも掻き消されてしまってたからね。
貴方とは波瀾万丈の15年で。必死に生きてきたからね。



ちゃんと一語一句心に刻んでもらったラブレターです。
私にとって、究極のラブレターでした。

惚気話


昨日書くつもりしてたお話です。

私がまだ独身だった頃からのお客様。
未だに私、旧姓で呼んで頂いてます(笑)
Kさん! 先日の会話、書いちゃうよ!(笑)
Kさんは私より一回り程年上だけど、かなりの美人。
きっと若い頃なんて、とびっきりの別嬪さんだったに違いない!



長らくジュエリーのお客様でもあるけど、私がネイルを初めてから、ずっとして頂いてる。
ネイルの時は大体ご主人の話。
『 ちょっと聞いてくれる?もうな、ホンマに腹立つねん!』の第一声から始まり…
「 ほんで今回は何がありましたんよ?」と私。(笑)



もうね愚痴言うてはるんやけどね、私には惚気話なん。
ご主人も私知ってるけどね。私にはいつも優しくてね。
ホンマにそんな事言いはります?って感じ(笑)
いや、分かってますよ。普通はそんなもんです。



ほんまにね、悪い事ばっかししてはるんよね(笑)
でもね、私には爆笑ネタやねんよ。可愛いな位の。
男ってねそんなもんやねん。

いいですか? Kさんとこが特別なんちゃうくてね。
男は10人いたら10人浮気しますから(笑)



もしね、浮気なんて絶対しないって人がいたらね、今超恋愛真っ只中か、そんな機会が今はないだけです。
あのね、私経験上100%って言うてもいいですよ(笑)
男はね、遺伝子レベルでしょうがないの。浮気します!



【 Kさん。もうそろそろ悟りましょ。モテる旦那さんで良かったやん。その度にエルメス増えてさ(笑)もうデンと構えときましょ。必ず帰ってくるんやから。】



もうね一生懸命なって、どんだけ旦那が悪いかを話ししてはるんやけどね。
私には『 私、旦那が大好きやねん。もっと私を見て欲しい。』としか、聞こえへんの(笑)



ただね社長!(Kさんのご主人ね)ひとこと言いたい!
彼女と奥様のメール間違えたらあかん!あれはあかん!
それは私も弁護できませんから!(爆笑)



Kさん、歳下の私が生意気言うようで申し訳ないんですけどね。男ってね、しょうがないのよ。
そんなに美人やのに怒ってイライラしてばっかしやったら、台無しやよ。
Kさんもイケメンのお茶飲み友達位作ったらいいんよ。
そんなね、旦那さんばっかし見てないで、自分自身をもっと見て!
ほら、今日が一番若くて綺麗なんよ!

お詫び(笑)

【 実家のベランダから見える景色 】


ただいま、実家に来ておりまして。
ブログを書ける状況にありません(笑)



親戚が今晩泊まる為、慣れない主婦業を張り切って、頑張っております。
今日は夕方まで仕事をして、その後に大量の食料を買い込み、お惣菜をいかに手料理のように見せるかの盛り付けをし(笑)いや待って!ちゃんと作ったのもあるし!
写真撮れば良かった!インスタ載せれば良かった(笑)



今日は義妹が不在の為。私一人ずっとバタバタで〜。
それで、やっと今座ってお茶を飲んでます。
あっそーだと、そーっと携帯を見たら…
「 どうしたん? 体調悪いん? 」
「 ブログ読んでから寝るから、どうしたん?」とか。
LINE何件も入ってるし〜〜(泣)
ごめんなさい!めっちゃ元気ですから〜
もう!(笑)スルーできひんやん!(爆笑)



ごめんなさい。今、実家でガヤガヤと喧喧諤諤……話が止まりません。
もちろん私の話ですが、今回の癌転移、血管内治療から始まって、果てしない方向にどんどん進んで行き。



今日は帰れそうにありません。
明日ブログ書くから、待たずにもう寝て下さい(笑)

なんでここでお詫び?(爆笑)

おやすみなさ〜〜い(笑)

愛すべき親族へ



『 由美の家族はな、特別やねん。こんなに仲良くて通じ合えるとか、一致団結とかないねんで。こんな親戚付き合いって普通はありえないねんで。』
って、うちのパートナーはいつも言う。
家族や親族は、最大のソウルメイトだからね。



私は家族はもちろん、親族と仲が良い。全員ではないけどね。年賀状だけでなく、会えば色んな話をする。
特に、母方の伯母。そして父方の叔父と叔母には本当に可愛がって貰ってる。そして年の離れた従兄弟や従姉妹とも何かの折に色んな話をする。



今回に始まった事でなく、この人達は私が幼少の頃からずっと変わらず、私を見守ってくれている。
公私ともにお世話になり過ぎて、頭が上がらない。
特に近くに住んでる伯母は、私を娘のように可愛がってくれた。だから、伯母と仲良くしている私に、生前母はいつも嫉妬してたもんね(笑)



伯母は母の6つ上の姉で、早くに夫を無くし若くして未亡人だった。70過ぎまでブティックを経営していた。
私は若い頃から、母や伯母にいつも質の良いものを着せてもらい、宝石や毛皮やバッグ等の高級品を見る目や物の価値は、伯母に教わった。
同じ服飾の仕事でも、母は職人で伯母は商売人だった。
きっと私は、伯母に性格も似ていたのだと思う。

そして会社を始めた時【 お金の知識 】をたくさん教えてもらったのもこの伯母なのです。



そして父方の叔父は私が生まれた時まだ高校生だった。
その後この叔父と結婚した叔母は、きっと私とは縁の深いソウルメイトなのだと思う。
この夫婦にも、いつもお世話になりっぱなしなのです。
手術の日も休みをとって、わざわざ田舎から出て来てくれた。去年の手術の時もそうだった。
来なくて良いと何回いっても、必ず来てくれる(笑)
『 家族とはそう言うものだ。』と叔父はいつも言う。


私は友達にもかなり恵まれてるけど、、家族や親族にも恵まれ過ぎてると思う。



私はそれがいつも当たり前で来たから、深く考えた事がなかったのね。
【 有形無形に関係なく、私が受けた恩恵は、返すと言うよりも繋げていきたいのです。ご先祖様から私達の子孫へ。私にはこの役目があるといつも感じてる。】



今回の私の病気の際も、皆んな心底心配してくれた。
自分の娘の事のように、落ち込んで泣いてくれた。
私はこの恩を、残りの人生全部を掛けて返していきたいのです。家族の為にも、必ず生きねばと思う。



【 由美は、これから〇〇家(実家)を纏めて仕切っていかなあかん人間やから、必ず元気になってもらわな困る!私達より先に死んだりなんかしたらあかんよ!】と、叔母が言った時、違和感がなかった(笑)
一応私、嫁に出た人間ですよね(笑)



でもね、私いつも思うのよ。
長男とか次男とか、男やら女やらってどうでもいいの。
皆んな必ず歳をとる。誰が看るとか看ないとか、私にはあまり関係ない。看れる人が看ればいいと思ってる。



しかもそれが親族であれば、とても縁のある人の繋がりなのよね。だから、その時々に縁のある人がより添えればそれで良いのよ。
身内だけでなくね、お年寄りはね、すごい経験と知識の塊やねんよ。人生の大先輩。
リスペクト以外に何がある?



私、やっぱりやる事いっぱいある!
後10年で良いって思ってたけど、足りないわ!(笑)

感謝を込めて




今回の入院で、中学生からの心友が会いに来てくれた。
久しぶりの再会だった。
ちょうど10年ぶりのランチの約束をしていたのに、入院と重なってしまい、日を変えて欲しいって、先日断りの連絡をしたのだけどね。詳しい話をしないままだった。



『 あのね、私ね。少し前からblogを書いてるの。時間がある時に読んでくれる?』とLINEをして、返事のないまま数日が過ぎた。
きっと読んでくれたんだよね? そして、何てLINEしたらいいか考えてたら数日が過ぎてる感じだよね。
わかってるよ。どんな気持ちでいてくれてるか、痛い位に私わかってたよ。



『 ゆんちゃん、ブログ全部読んだ。最初から全部読んだよ。何て言ったらいいかわからないけど、とにかくゆんちゃんはあの頃の、私の知ってるゆんちゃんのままやわ。その事が私、本当に嬉しいねん。』
ゆんちゃんの事が、とてもとてもよくわかる。
とにかく顔見たいから、病院に行くって来てくれた。



ここ何年も連絡してなかったのに、ずっとスマホにしてないからってLINEも出来ずにいてたのに、この春に急に繋がって。
やっぱりね、何年も離れてても繋がる人とは必ず繋がるし、縁てね、スゴイよね。



病室でね『 ゆんちゃん 』ってカーテン越しに声を掛けてくれた時ね、もうそこから涙が溢れてた。
懐かしい声が、とても嬉しかった。
あの頃と変わらない、とても優しい声なのです。



何時間話しただろう。
セーラー服を着ていた頃に、すっかり時間が戻ってた。
あの頃の私達って、可愛かったよね(笑)
この夏にある同窓会の話をしたり、初恋の話をしたり。
「 絶対あの子は、私の事が好きだったはず!」とかさ、私達って性格かぶり過ぎやんか(笑)



久しぶりに会えたのに、私スッピンとか有り得へんし!
女友達に会う時程、綺麗にして会いたいのにね(笑)
今度のランチはお洒落して綺麗にしていくから。
必ず連絡するから、待っててよ。



退院してからね、久しぶりに色んな事思い出してね。
くりと私ってさ。仲良かったけどどこでどう繋がってるんだろうね。クラブも違ったしね。
いつも一緒って事もなかったでしょう?



今回もそうよ。私の病気の事もこんな形で伝わって。
お互いの心の痛みを、いつも後から知るんだよね。



貴女が子供を亡くした時も、私は直ぐは知らなくて。
後で長い長い手紙をもらった時は、手紙を抱きしめて、号泣したのよ。何回も何回も繰り返し読んで、毎日泣いてた。



母がね『 どうしたの? 何かあった? くりちゃん、どうしたんよ?』って聞くんだけど、もう嗚咽になってしまって、悲し過ぎて言葉に出来なかった。
そんな大変な時に、私は貴女のそばに居れなかった。
今でもその時もらった手紙は大切にしてるよ。
その後、くりは三人の子供に恵まれて、幸せな年賀状を見る度に『 神様。ありがとうございます 』って感謝してたの。
母と一緒に、泣きながら感謝してたのよ。



貴女の結婚式でスピーチした原稿も残してるねんよ。
今だったらもう少し上手に話せるんだけどなぁ(笑)
こればっかりは、やり直しがきかないもんね〜(笑)



来てくれてありがとう。
会いに来てくれて、本当にありがとう。
感謝を込めて。

ただいま


4日間の治療を終えて帰って来ました。
個別にお一人お一人に連絡すべき所、blogにて報告失礼します。毎日いつもの倍のアクセスがあったようで、どなた様にもきっとご心配お掛けしてたんですよね。
きっと今日も、ちゃんと退院したんかな?どうしたかなと思って頂いてますもんね。
ご心配おかけしました! 大丈夫。元気にしてます!



昨日今日と微熱があります。37度5〜8分位ですが。
手術の副作用的なものだそうです。
後、肝臓の腫瘍が少し痛い気がしますが、きっと薬が効いてるからだと思っています。それでも、去年の大手術に比べたら楽勝です!



朝、うちのパートナーが迎えに来てくれて退院。
帰りに、関空まで行ってみよう!とドライブかねてランチしてきました。…あ〜旅行行きたいわ。
帰宅後、溜まってた仕事をし出したら止まらない(笑)
明日からバリバリ働きますよ〜〜。



『 あ〜やっぱり家が良いわぁ〜 。』とソファに横になった瞬間に爆睡してしまったようで(笑)
今、目が覚めました。
あんなに素晴らしい景色の中だったけど、やっぱり家が一番。ホッとする。
しかも、うちの男性陣は本当に偉い!ありがとう!
家の中が片付いてる!台所も洗濯も素晴らしい!(笑)



* * * * * * * * * * *



入院中、食事療法をネットで調べていましたが、やはり癌のエサになる『 糖 』を制限して『 ケトン体質 』になるよう に、もっていこうと思います。
またこのセルフケアについては、詳しく書きます。



買い物たくさんし過ぎて、本やら食品やサプリメント等が毎日大量に届き、うちのパートナー苦笑い。
でも、何にも言わないし怒らない貴方は偉い!(笑)



この感じが、これから毎月続くんだよな。
うん、頑張る。よし、必ず治すよ!
皆様、ご声援ありがとうございます(笑)

メンタルを鍛える


『 由美な、自分が癌を克服する全ての環境は整ったんやで。病院も、治療法も、ドクターも。そして、由美を支えてくれる家族や友達も。全部もうあるねん。後はな、由美自身が必ず治すんだという、心・精神(メンタル)を強く持つ事だけやねんで。』



今回入院する前夜に、うちのパートナーから言われた言葉です。メンタルを強く持つ事、そしてそれを保つ事。



『 実はな、このメンタルが一番大事やったりするねん。人や物やお金よりもな、まず自分のメンタルが一番先に来な、何も始まらんのよ。それは何にでも言える事やねん。まずは心ありきやから。』



『 ほんでな、このメンタルが癖もんでな。由美がポジティヴに向いてるのを、ネガティヴに持って行こうとする力も必ず働くんよ。それはな、人やったり情報やったりするんやけどな。それは全力で僕も守るけどな、由美自身がメンタルを鍛えておかないとあかんねん。』



口数の少ない彼が一気に喋る時は、メモ帳がいるんよね(笑)でも、しっかり覚えてるから大丈夫。
私ね、肝心な事は心で記憶するからね。
ちゃんと目を見て聞いてたから、大丈夫。



言ってる事わかるよ。ドリームキラーみたいなもんね。
ただね、私の周りを見渡した時に、そんな人はもう離れてくれてるから大丈夫やわ。



何回も言うけどね。私どこまでもツイテるねん。
今、私に必要な、大切な人しか周りに居ないからね。