yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 私の病気の事や、 仕事やプライベート、家族や子育ても含めて、 心の中の事をありのまま書いてみようと思います

夏の想い出



夏祭りの季節になると毎年思い出す事。
私は18歳の時に、初めて彼が出来たのね。
学生時代は中学も高校もバリバリの体育会系だったの。
盆暮れ正月以外はずっとテニスしかしてなかった。
だから、短大の時に初めて彼が出来た時は、毎回デートが楽しくて楽しくて(笑)



初めての夏祭りに浴衣を着て行ったのね。
可愛いやんって、絶対褒めてくれると思ったのに。
彼の第一声…


『 浴衣なん!それって由美、自分で着れる?!』

「 着られへんよ。母に着せてもらったから。」


……後に、彼のがっかりした理由が分かり(爆笑)
あの時の彼のなんとも言えない残念な表情が忘れられなくて(笑)その意味が分からず、キョトンとした私のあの心の感じも妙に覚えてて。
なんかね、青春やったなぁと思うの。
……その元カレは、この夏の同窓会に来るかなぁ(笑)



夏祭りの屋台が並んでるのって、見ながら歩くだけでも楽しいでしょう? 未だにあの頃の感覚を思い出すの。
とうもろこしの香ばしい香りも、たこ焼きや綿菓子も。
あのお祭りの雰囲気は、ワクワクして楽しいよね。
一瞬にして、あの頃の感覚に戻してくれる光景なのよ。
こんな歳になっても、この夏の時期は何だか心がソワソワするんだよなぁ(笑)



*************************



ところで、話は変わるけど。
先日そんな想い出話をお客様としてたのね。

『 由美さんて、着物とか浴衣とか似合いそう〜〜。』

「 あっ、わかる? 似合うねんよなこれが。ただ玄人みたいになるけど(笑)」

『 私ね、バスタオル巻いたりして、めっちゃ補正せなあかんから、羨ましい〜。』

「 何やそれ、どう言う意味なん! 寸胴で悪かったな!それいっこも褒めてへんやんか!」




……先日の伊勢の道中も。

『 由美ちゃん、首筋が綺麗やね。うなじ美人やわ。』

「 ありがとう〜ってか、後ろ姿やし! (笑)」

『 いやいや、ほんまに。後ろから見たら綺麗よ。』


ありがとうね、褒めてくれて!
遠くから見たらとか、後ろから見たらとか、落ち込むっちゅうねん!(笑)
私、褒められて伸びるタイプやからって、散々言うてるのに(爆笑)



私の周りは、さらっと本音しか言わないソウルメイトだらけで、この際有難いわ。
よし、今に見てろよ根性で頑張るし。
同窓会まで1ヶ月切ったからね!
何着て行こう。美容院は予約したしね。
よし、メラメラ闘志が湧いてきたわ! ← 何の?!



最近なんか私、卑屈になってない? 大丈夫?(爆笑)

広告を非表示にする