yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 私の病気の事や、 仕事やプライベート、家族や子育ても含めて、 心の中の事をありのまま書いてみようと思います

夫婦の形 ❷


私達は結婚前に会社を立ち上げました。ぼんぼんでもお嬢でもない私達は、金もコネもなく、文字通り何もない所からのスタートです。


隆真が出来たのは、会社もまだまだ始めたばかりのこれからの時。フル以上に働いてましたし、毎日夜中です。
お腹にいる間はまだしも、出てきてからが戦争でした。
あの頃どうやって生活してたんだろうと思います(笑)


「あのさ、子育ても家事も一緒にして欲しい。今ってな、私がするべき事が出来なくて、手伝ってくれてる感がめっちゃあるやん?そうじゃなくて、自分事として一緒にして欲しいねん!」


びっくりしたと思います。もちろん、それまでも手伝ってくれてました。世の男性よりずっと家事も育児も参加してくれてたと思います。でも自分事と捉えてするのか、手伝ってやってると思ってするのかのスタンスの違いってやはりあるのです。


仕事も一緒にしてるのだし、私達のスタイルを一から考え直そうという事です。
今思えば、私達夫婦は何でもよく話します。それが良かったのかもしれません。お互いの状況が手に取るように分かるのです。


オンとオフが大事とか、仕事を家に持ち込まないとか言いますが、そんな事私達には到底出来ず、オムツを変えながら仕事の打ち合わせをしたり、ミルクを飲ませながら明日の段取りをしたのです(笑)



* * * * * *



今では毎朝、神棚のパンパンという拍手(かしわで)の音で、目が覚めます。
「おはよう〜朝やで〜」と起こしてくれます(笑)
隆真も大きくなってきて、少しずつ楽になりました。自分の事は自分で出来ます。



私達が決めた事はいたってシンプルです。

『出来る時に、出来る人が、出来る事をする』

それだけです。パパとママを2人共がどっちもするのです。


うちも最初からそうではなかった。10年かけて私達の夫婦の形になって来たのです。
隆真が小さい時に、私は全てにいっぱいいっぱいでした。朝から晩まで働いて、子育てしながら主婦もして、私もう無理!なのです(笑)


私達夫婦はお互いを褒めるし、感謝を伝えるし、ありがとうって毎日言います。
そんなん言わんでも分かるって?それは違う。
言葉は相手に気持ちを伝えるためにあるのです。


夫婦って、マイナスな事を数えるよりも、お互いの良いとこを数えた方が断然いいのです。
お互いを罵り合って良い事なんてひとつもない。
旦那や妻をバカにするのは、自分を下げてるのと同じ事なんです。



今は快適です。色んな夫婦の形があって良いのだなと。今はこのスタイルだけど、また時の流れが変わったら、私達もそれに合わせて変えて行くのです。一度決めた事を変えないのではなく、その時に合ったスタイル、私達に合ったやり方を見つけて行けば良いのだと思います。



「あそこの旦那さん、いっつもゴミ出して洗濯物干して、何してはるんやろ?」

「なんや、奥さんいっつも出て行って何してはるんやろ?帰って来るん遅いねんよ」


鬼嫁って絶対言われてる(笑)
近所で何を思われてるか、考えるだけで笑えます。
この際、噂好きのおば様達にネタ提供です。