読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumi-fields

日々思うこと。心のままに。 仕事の話 、家族や子育ても含めて心の中の事を書いてみようと思います。

バックパッカー

この季節になると、思い出す青年がいます。
カンボジアに旅立ってから早5年。彼は今頃どうしてるだろう。


出会った頃はまだ大学生で、休みの度にリュックひとつで世界中を旅するのが好きなんだと。
もうね、話が面白い。スケールが違うんです。
まだ二十歳そこそこで、こんなにも世の中を見て、自分の考えをしっかり持ってる子もなかなかいないよなと、初めて会った時は嬉しくて仕方がなかった。


毎回バイトで貯めたお金で、長い休みの度に海外へ。
いつも荷物はリュックひとつ。最低限の着替えのみ。
お金もいつも必要最小限。なくなっても何とかなると。素晴らしい(笑)


彼の話を聞いていて、涙がでそうになる程、嬉しかったのです。こんな若者がいるんだから、日本もまだまだ捨てたもんじゃないと。


彼は世界中を旅して、カンボジアに行き着いたのだと。
そこに自分の居場所を見つけたのですね。


彼は言いました。
『ボランティアには限界があると感じました。いろんな支援や寄付がされても、現地ではそれを継続、運営する事ができないんです。』


だから現地で何らかのビジネスを興し、それを日本の企業に売り込み買ってもらう、その仕組みを僕は創りたいのだと。
現地の人々が自分達で生計を立てていける、そういう事がやりたいんだと。


私も日々、本当の支援とは何かを考えます。そして、私も彼の意見に賛成です。
私も日本における災害の時に、ボランティアを経験し、その時にたくさん学んだのです。良いも悪いもたくさん学びました。


お金や物資を寄付するだけでなく、自分達で生み出す事のできる技術を伝える。それは、素晴らしい事です。


私は当時、話を聞いていて久しぶりにふつふつとしたものが心の底から沸いて来て、とても嬉しかったのです。


うちの子も、こんなメンタルの青年になってほしいなぁと本当に思うのです。


『リュック一つで世界中を旅しちゃう子って最高だわ!』



あの時に繋いだブレスレットはあなたをサポートしてくれていますか?
旅のお守りと守護石を入れたブレスレット。


また日本に帰ってきたらぜひ話を…

出会いと別れ


今年もまた、出会いと別れの季節がやって来ました。これもまた、必ずセットでやって来るのです。出会いばかりでもなく、別れるばかりでもなく、それはいつもちゃんとバランスをとっています。
この時期になるといつも思う事。


人との別れはとても悲しいし辛い時もありますが、やはりそれも新陳代謝で、自然の摂理なんですね。


私はいつも、人との別れは卒業だと思うようにしてます。これまで『 死 』も含めて、悲しい別れを何回も経験してきました。もうこの人と別れてしまったら、生きていけないやって、立ち直るのにかなりの時間がかかった事もあります。
でもそういう時も、必ず時間が解決してくれるのです。
四六時中思っていた事が1日1回になり、そして3日に1回になり、だんだんと月に1回位になる。やがて、言われて初めて思い出すようになって行くのです。


時間の流れは優しく、常に人の味方です。
人間の『 忘れていく』という事は、人が生きていけるように、神様がくれた贈り物だと、私は思っています。



浅いお付き合いも深いお付き合いも、その時にはお互い必要だったんだと。
そして時間が経ち、それぞれお互いがその相手から学び終えると、別れがくるのだと。それは同性も異性も同じくです。



* * * * * *



まずは手放す。ここからです。人も、物も、情報も、まずは古いものを手放す事、そこから新しい何かがスタートするのです。

私も先日から断捨離を決行。かなり家の中がスッキリしました。
何で捨てられないんだろう。いつかまた着るかもしれないから?いつか使うかもしれないから?またいつか必要になるかもしれないから?
その『いつか』は、きっと2度と来ないのです。
そのほぼ来ないであろう『いつか』の為に、こんなにスペースを取られるのはもったいない。


『クローゼットも本棚もピチピチに物が入ってませんか?少し空きを作るのです。すると、必ずそこに新しい物が入ってきます。人も物も情報もです。』


これは会社をスタートした当時にメンターから言われた言葉です。常に余裕を持った方がいい。いつもいっぱいいっぱいではいけない。心も環境も。


なるべく手放したくなくて、でもなるべくたくさん欲しいのが、人の常です。1つ捨てるから1つ手に入るのに、たくさんのものを抱えたまま、それでもまだ欲しいと手を出すのです。いつもその執着を手放すべきなんだなぁと思います。


そっか、なるほど。何でも腹八分なんだなと。

大器晩成

先日から、私と主人との馴れ初めなどを話してきた訳ですが。ちょっと待てよ、なんとなくめっちゃ良い旦那になってないか?と言うわけで、ここらへんで彼の見えてない部分を書こう(笑)


無口な訳ではないけれど、普段はあまり口数の多い方ではなく、私との会話も基本私が9で彼が1、それうんうん返事してるだけの比率やん?なのだけど、これで結構会話が成り立つのだから笑えちゃう。


あまり面白い事も言う方ではないけれど、年に一回の割合で大ヒットを打つ事があるから面白い。あくまでもヒットでホームランではないけどね(笑)


先日の事、将来の話を楽しくしていた会話の流れで「僕、大器晩成やから!」と口の滑った彼と、顔を見合わせ大笑い。お互い同じ事を思った訳で(笑)
それ10年位言うてるけど?え?いくつ位が晩成なん?
私めっちゃ待ってるんやけど!もうとっくに晩成になってなあかんような気がすんねんけども?!



資金繰りをパチパチ電卓で叩いて唸ってる私に
「さぁ由美、またサイクリングシステムで頑張ろな!」
『何それ? サイクリング? 何?』
「いやサイクリングシステムやん?横文字で言うたら、何か楽しい感じするやろ?自転車操業。」
『いやもうゴメン、そんなシステム全然楽しないから!』(爆笑)



もう何年前かな。税金がどうしても払えなかった時の事
「僕、税務署に出動してくるわ!」彼は金庫からゴソゴソと何かを鞄に入れ、颯爽と出かけて行ったのだ。数時間後に帰ってきた彼は、「由美、大丈夫やで!物納は無理やったけど分割にして貰ったから!」
ぶ、物納?!どうやらうちの長期在庫を持参し、これで払わせて下さいと頭を下げたらしい。税務員の方、苦笑いしてたって。もうコントやん!(爆笑)


本人はいつも、いたって大真面目なのです。でも今思えば、彼のこの性格のお陰で私はいつも助けられていたのです。本当はきっと、彼も辛かった事がたくさんあったと思う。


* * * * * *


結婚した当時、今は亡き母に言ったそうです。
「お母さん、由美と一緒ってね、宝くじに当たったようなもんなんです。」…私はまだあの時期の悪行を忘れていない。よくもしゃーしゃーと、どの口がそんなん言うねん!と思いながら、あら、そーなん?とまた私もその言葉を糧に頑張れたりするのです(笑)

「ぼくはほんまに女性運が良いねん。」
もういいって、分かったから。私、頑張るやん(笑)


大器晩成……その時期が近いことを切に願います…

過去世 Ⅲ


同じ時期に出会った女性のもう1人は、芦屋のお嬢のHちゃん。私よりひとつ歳上のお洒落で素敵な女性です。
私がハワイでシャーマンをしていた過去世で、どうやらいつも助けてくれた親友だったようです。


芦屋のヨガ教室で初めて出会い、由美さんて石屋さん?パワーストーン見せて欲しいなって言ってくれた所から今に至ります。当初は控えめな大人しい女性かなと思いきや、見た目の女性らしさの裏に、かなりの男前の性格を兼ね備えており……


「由美ちゃんはね、なんでもかんでも力を入れすぎやねん。入り込み過ぎてはいけないよ。そんなん知らん、ほっとき。」

「由美ちゃんを頼ってくる全ての人に100%のエネルギーを注がなくていい、この人はと思う人だけでいいの!」

「あのね、由美ちゃんが一生懸命思ってるほど、あの人は由美ちゃんの事何とも思ってないよ〜」


いつもさらっと優しい笑顔で、私にダメ出しをしてくれます。あくまでもさらっと(笑)


* * * * * *


そしてHちゃんとは、私が40歳のお誕生日の時に一緒にハワイに行きました。
もう旅行中、朝から晩までお腹を抱えて笑いっぱなしの珍道中で、何がそんなに笑えたのか今ではもう覚えていませんが、とにかく本当に楽しい旅行でした。


実は私、この時が初めてのハワイだったのですが、空港に着いた時からどこか懐かしい感じがずっとしていました。この太陽とか風とか、この匂いも何か知ってる。
初めて来たのになぁと。


ツアーでマノア滝に行く山道を歩いてる時に、ふと思い出したんです。前にもHちゃんとここに来た事あるなって。山道を一緒に歩いたなと。
「大丈夫よ、私がいてるから」「貴女は悪く無い、そんな事考えなくていい!」私をずっと励ましてくれてたの、あれHちゃんだ。あの時と同じ声だわ。疲れた私をいつも慰めてくれてたのHちゃんだったんだ。
そっか、だからいつもHちゃんの声は私に心地良かったんだなって。


マノア渓谷に着いた時に「ここ来た事あるよね?」って言ったらびっくりすると思って、ずっと言えてなかったんです(笑)


ジャングルのような山道を何時間も歩いたのに、まるで道を知っているかのようにスタスタ歩けて、全く疲れなかった。私何回もこの山を歩いた事があるわって。
いつも私に、笑いながらダメ出しをしてくれる大切な心友は、ずっとソウルメイトだったんです。


今はお互い、先の見えない親の介護に向かい合っています。泣きたい事も、笑い飛ばしています。
真剣に考え、でも深刻にはならんとこねと励ましあってます。大丈夫、これからも泣いたり笑ったり一緒にしよう。

過去世 Ⅱ


きっと、過去世で家族だったり友人だったり、お互いの立場を変えて、何回も人生を共にしただろう友人が数名います。

その中で、同じ時期に出会った2人の女性がいて、とても深いソウルメイトで、ハワイのシャーマンをしていた時の人生でも一緒でした。Aちゃんは家族、妹でした。そして、Hちゃんはその人生でも親友でした。


* * * * * *


Aちゃんとは、隆真が年少の時にクラスメイトになったのがきっかけのママ友でした。仲良くなったいきさつは長くなるので省きますが、私よりも7つも年下のとても可愛い女性です。


最初はママ友からの付き合いでしたが、いつしか子供抜きに仲良くなりました。
私はAちゃんに育児やママ友との付き合い方から、全て学んでいた気がします。


大げさではなく、私には全く未知の世界だったんです。私には関係ない、不要な世界だと思っていたから。
心のどこかで、私はママ友は出来なくてもいいかなと思っていたのかもしれません。
だって、あまりにも違う世界の人達でしたから(笑)


「あのな、由美ちゃん。ママ友の世界ではそれは通用しないねん。皆んなそうは考えへんねんよ」
いつも可愛い笑顔で教えてくれました。


一円単位で割り勘にするランチも、子供の習い事やスーパーの買い物事情も、今更聞けないお料理のレシピも、ママ友と仲良く付き合う為のノウハウも、たくさん教わりました。私の知らない世界の情報を、彼女はたくさん伝授してくれたのです。


そんな始まりから、もう丸8年です。
今は大切な親友だし、ただのママ友だなんて思った事がありません。
昨年、私が病気の事を話した時も、言葉に詰まりながら、大丈夫、絶対大丈夫!ってたくさん励ましてくれた。そして、今から顔見に行くって、すっぴんで来てくれたのです。


私の顔を見た途端、由美ちゃん!と、ひとこと言っただけで、我慢してたものが溢れ出したように、あなたは玄関先で泣き出したのです。
きっと、大丈夫大丈夫って元気付ける為に来てくれたんだけど。
きっと、運転しながら何て言葉かけようって思いながら来てくれたんだけど。


一緒にひとしきり泣きながら、前にもこんな状況があったなとその時に思い出したの。


『あぁ、Aちゃんは妹だった。家族だった。』


あの時の人生でも、私はあなたを泣かせたなと急に思い出したの。だから、私を抱きしめて号泣しているあなたを見た時に、私はこの子を守らなくてはと思ったのよ。自分の方が病気なのに変な話だけど。


だから、Aちゃんが日々笑顔で幸せに過ごせるように、私に出来る何かがあれば、必ずサポートするのです。
壮絶な過去世で一緒だった、大切なソウルメイトだから。


そしてもうひとり。Hちゃんの出会いはまた明日に続きます。

過去世 Ⅰ


『過去世』って、聞いた事ありますか?
『過去生』とか『前世』とかいったりします。


私も何度かリーディングをしてもらった事がありますが、とても面白いですよ。
自分が主人公のSFファンタジー・ノンフィクションのお話を聞くようで楽しいです。


私にも凄い数の過去世があります。
何回も何回も生まれては死にを繰り返し、そしてその時々に、今世のような人生が存在しているのです。
これは自然界と同じなのです。種から芽が出て成長し、やがて花が咲き、そして種ができ枯れて、朽ちて土に還る。そしていつしかまた芽が出て…を繰り返します。
説明が下手ですが、イメージできますか?
それは自然界の法則なのです。
ご興味のある方は『輪廻転生』も、調べてみて下さい。



私の過去世をいくつかあげてみます。
古代ローマ時代の王妃に仕えていた人生がありました。パワーストーンや今でいうアロマ等を使い、王妃の身体や心を整えたりしていたようです。

そして中国人の人生では、薬草の商人だったことも。そして今の主人とは同僚で、大きな商いを一緒にしていたそうです。今でいう商社のようなもの。その時は女性ではなく男性の人生でした。
私は過去世では、ほとんどが女性で男性だった事は少なかったようです。

どこかアジアの国で、女盗賊の頭をしていた事もあったそうで、かなりの悪だったそうです(笑)日本では、江戸時代に生まれた女実業家の人生もありました。


* * * * * *


その中で、今世に一番影響のある過去世というものがあります。それはハワイで暮らし、シャーマンをしていた人生でした。
そして主人は、私を命に変えても守る部下のような存在だったとか。


「あなたは何回も何回も、この人に命を助けられてるよ。今世ではこの人にその時の恩を返さなくてはならない。ずっとあなたを陰になり日向になりして見守ってくれてた存在ですね。そしてきっとあなたは気付いてるでしょう?」


私は何回も死を覚悟する壮絶な人生のようでした。そして最後は私を守り、命を落としたのが主人だったそうです。まるで、三流映画のようですが(笑)


どの過去世にもどうやら主人は出て来ますが、このシャーマンをしていた時の過去世が一番今世と関係しているのだとか。深い結びつきのあるソウルメイトのようです。

なるほど、これで腑に落ちたなと思う瞬間がありました。


そして、この過去世で何回も一緒に居てるソウルメイトが、今友人としてそばにいてますので、少しずつブログに書いていこうと思います。



*過去世(かこぜ)……あるいは過去生(かこせい)、前世(ぜんせ)とも言う。
今回、生まれてくる前に、過去、別の名前、別の地域で生きた人生のこと。

*シャーマン……日本でいうイタコのような人。自然と対話することで、天変地異を動かしたり、霊を降ろす事が出来る人。

夫婦の形 ❷


私達は結婚前に会社を立ち上げました。ぼんぼんでもお嬢でもない私達は、金もコネもなく、文字通り何もない所からのスタートです。


隆真が出来たのは、会社もまだまだ始めたばかりのこれからの時。フル以上に働いてましたし、毎日夜中です。
お腹にいる間はまだしも、出てきてからが戦争でした。
あの頃どうやって生活してたんだろうと思います(笑)


「あのさ、子育ても家事も一緒にして欲しい。今ってな、私がするべき事が出来なくて、手伝ってくれてる感がめっちゃあるやん?そうじゃなくて、自分事として一緒にして欲しいねん!」


びっくりしたと思います。もちろん、それまでも手伝ってくれてました。世の男性よりずっと家事も育児も参加してくれてたと思います。でも自分事と捉えてするのか、手伝ってやってると思ってするのかのスタンスの違いってやはりあるのです。


仕事も一緒にしてるのだし、私達のスタイルを一から考え直そうという事です。
今思えば、私達夫婦は何でもよく話します。それが良かったのかもしれません。お互いの状況が手に取るように分かるのです。


オンとオフが大事とか、仕事を家に持ち込まないとか言いますが、そんな事私達には到底出来ず、オムツを変えながら仕事の打ち合わせをしたり、ミルクを飲ませながら明日の段取りをしたのです(笑)



* * * * * *



今では毎朝、神棚のパンパンという拍手(かしわで)の音で、目が覚めます。
「おはよう〜朝やで〜」と起こしてくれます(笑)
隆真も大きくなってきて、少しずつ楽になりました。自分の事は自分で出来ます。



私達が決めた事はいたってシンプルです。

『出来る時に、出来る人が、出来る事をする』

それだけです。パパとママを2人共がどっちもするのです。


うちも最初からそうではなかった。10年かけて私達の夫婦の形になって来たのです。
隆真が小さい時に、私は全てにいっぱいいっぱいでした。朝から晩まで働いて、子育てしながら主婦もして、私もう無理!なのです(笑)


私達夫婦はお互いを褒めるし、感謝を伝えるし、ありがとうって毎日言います。
そんなん言わんでも分かるって?それは違う。
言葉は相手に気持ちを伝えるためにあるのです。


夫婦って、マイナスな事を数えるよりも、お互いの良いとこを数えた方が断然いいのです。
お互いを罵り合って良い事なんてひとつもない。
旦那や妻をバカにするのは、自分を下げてるのと同じ事なんです。



今は快適です。色んな夫婦の形があって良いのだなと。今はこのスタイルだけど、また時の流れが変わったら、私達もそれに合わせて変えて行くのです。一度決めた事を変えないのではなく、その時に合ったスタイル、私達に合ったやり方を見つけて行けば良いのだと思います。



「あそこの旦那さん、いっつもゴミ出して洗濯物干して、何してはるんやろ?」

「なんや、奥さんいっつも出て行って何してはるんやろ?帰って来るん遅いねんよ」


鬼嫁って絶対言われてる(笑)
近所で何を思われてるか、考えるだけで笑えます。
この際、噂好きのおば様達にネタ提供です。